|目の下のたるみ・くまの解消なら専門クリニック銀座みゆき通り美容外科

モニター症例実例公開

症例31 モニター 50歳女性

手術方法

片側眼瞼下垂修正

手術ビフォーアフター

画像
手術前(メイクあり)
画像
手術3ヶ月後(メイクあり)
画像
手術前(メイクあり)
画像
手術3ヶ月後(メイクあり)
画像
手術前(メイクあり)
画像
手術3ヶ月後(メイクあり)

経過の症例画像

画像
①手術前(メイクあり)
画像
②手術直後(メイクなし)
画像
③手術1週間後(メイクあり)
画像
④手術2週間後(メイクあり)
画像
⑤手術1ヶ月後(メイクあり)
画像
⑥手術2ヶ月後(メイクあり)
画像
⑦手術3ヶ月後(メイクあり)

眼瞼下垂修正手術(右側)の傷痕の経過

画像
①手術前(メイクあり)
画像
②手術直後(メイクなし)
画像
③手術1週間後(メイクあり)/dd>
画像
④手術2週間後(メイクあり)
画像
⑤手術1ヶ月後(メイクあり)
画像
⑥手術2ヶ月後(メイクあり)
画像
⑦手術3ヶ月後(メイクあり)

直筆体験談

◆術前日の心境はどうでしたか?
早くクマがなくなってほしいと待ちきれない気持ちでした。
◆手術後
右目が開けにくい感じと、ほほに鉄板が入っているみたいにぱんぱんに張って重い感じでした。痛みは特にありませんでした。
◆帰宅後
やはり張っていて熱を持っていました。かなり腫れていました。
◆1日後
さらに腫れあがり真赤で熱っぽい状態でした。目は痛くなかったけれど脂肪を取ったお腹が広範囲にわたり重く痛みました。
◆2日後
赤味が薄くなってきました。さわると痛いけど、普通にしていると痛みはありません。
◆3日後
腫れも赤味もずいぶん引きました。そのかわり黄色くなってきました。
◆4日後
ほっぺにヒゲが生えているような形で一部だけ赤い状態。そのまわりは黄色いです。
◆5日後
やはり一部赤い状態。でも小さくなってきています。さわるとまだ痛いので気をつけています。
◆6日後
今日は抜糸でした。全く痛くありませんでした。まだ小さく赤味は残っていますが何の不安もありません。
◆7日後
頬中央の赤味は小さくなりつつも残っています。しこりはこりこりとかたい感じで残っています。

◆1カ月後
まだ少しふくらんでいる所があります。はじめのころのコリコリした感じではなく、柔らかい脂肪のかたまりです。おさえるとにぶい打ち身のような痛みが少しあります。右目の上まぶたは落着いた感じです。肩こりも全くなくなりました。
◆2カ月後
不自然な感じがしていた目の下のふくらみがすっかりなくなりました。かたまりもなくなりとても自然な感じです。右目の上まぶたの傷はふれると硬いですが全く気になりません。
◆3カ月後
もう手術をしたことが、ずっと昔のことのようです。疲れた表情もなくなり、気持ちも若返りました。傷も痛くもかゆくもなくとても自然な感じです。このままの状態が続くことを願っています。
◆今後同じような治療を受けられる方にメッセージをお願いします。
さらに腫れあがり真赤で熱っぽい状態でした。目は痛くなかったけれど脂肪を取ったお腹が広範囲にわたり重く痛みました。

[ 料金 ]

施術内容 標準治療費
経結膜脱脂+脂肪注入法 ¥350,000~¥700,000(税別)
眼瞼下垂 切開法(挙筋腱膜前転術)片側 ¥300,000(税別)

[ 主な注意事項 (経結膜脱脂+脂肪注入法)]

  • 手術後の洗顔は当日から可能です。アイライン、マスカラ、アイシャドウを含むメイクは翌日から可能ですが、メイクの際はアイメイクの化粧品が目に入らないように注意してご使用下さい。
  • 手術直後から2~3日間は目の下から頬にかけて腫れが出る場合があります。
  • 吸引部、並びに注入部は、内出血することがあります。
  • 術後1週間は目ヤニや充血などの症状が出る事があります。
  • コンタクトレンズの使用は1週間控えてください。

[ 主な注意事項 (眼瞼下垂)]

  • 縫合糸の抜糸は1週間後に行いますが、抜糸後もしばらくの間、傷の赤みや食い込んだ感じが続くことがあります。赤みや食い込みは通常1~3ヶ月くらいの経過で改善しますが、中には半年くらいの経過が必要なことがあります。
  • 傷痕は徐々に目立たなくなり、シワのすじのように治りますが、全く消えてなくなるということはありません。
  • 大まかな腫れが引くまでに1~2週間を要します。稀に内出血することがあり、この場合内出血による赤紫の色調が消えるまでに10日~2週間を要します。
  • 腫れや内出血の影響で、一時的に二重まぶたの左右差が認められる場合があります。
  • 矯正の程度にも寄りますが、手術した瞼が術後一時的に完全に閉じない状態(兎眼)となることがあり、この場合は目薬や眼軟膏の処置が必要となります。
  • 片側だけの手術を行った場合、矯正の程度にも寄りますが、術後目を正面視しているときは左右差がなくとも、目を下に向けると瞼の閉じ具合に左右差が生じることがあります。重症の眼瞼下垂の矯正では、これはある程度避けられない問題となります。
  • インタビュー
  • モニターブログ一覧
  • 学会発表・講演・論文掲載
  • 掲載メディア情報
  • 当院が選ばれる4つの理由
  • メール画像診断
  • 無料メール相談
  • 診察カウンセリング予約
  • 診療モニター大募集
  • クリニック

    東京院
    〒104-0061
    東京都中央区銀座6-8-3
    銀座尾張町TOWER 6階・7階
    ※受付窓口は6階となります。
    0120-858-800

    大阪院
    〒530-0002
    大阪市北区曽根崎新地1-5-18
    零北新地 5F
    0120-020-878

  • 銀座みゆき通り美容外科は、コンデンスリットファット(CRF)ならびにマイクロCRFを取扱うクリニックとして、日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会から正式に認可されています。

    • 診療モニター大募集
    • 手術の同意書

    画像診断

    bottomimg