当院が選ばれる4つの理由

当院が選ばれる4つの理由

切らない手術でくまを改善

単なる脱脂法とは違う、目の下のくま、目のくま治療の専門クリニックだからできる手術法

目の下のくま・たるみを解消する従来の方法は、まつ毛に沿って皮膚を切開し、皮膚や脂肪を除去する方法でした。 また最近は、皮膚を切らずに下まぶたの裏側(結膜側)から脂肪を除去する『経結膜脱脂』が多くのクリニックで行われています。
しかしこれらの方法では、多くの場合、目の下のくま・たるみは減少しても完全に消えることはありません。
それはなぜでしょうか?
皮膚切除や脱脂だけでは、目の下と頬の境目の溝が消えずに残るからです。
目の下のくま、たるみが目立つのは目の下が膨れていることだけが原因ではありません。
頬上の膨らみが足りないために、目の下と頬の境目が凹んで溝になっていることを見落としてはいけないのです。

写真

当院では皮膚を切らずにまぶたの裏側から目の下の膨らみを取り除く『経結膜脱脂』を行い、同時に患者様の症状の程度に合わせて目の下と頬の境目の溝を確実に消すための『脂肪注入』を行う、組み合わせ治療で治します。
だから目の下の膨らみが消えてすっきりすると同時に、目の下と頬の境目の溝が消え、頬上のボリュームが増すので、あたかも頬のリフトアップをしたかのような仕上がりにできます。
自分の脂肪ですから100%安全で、消えてなくなることがなく、ずっと効果が持続します。

写真

詳細な情報開示

単なる脱脂法とは違う、目の下のくま、目のくま治療の専門クリニックだからできる手術法

当院で行ったアンケート調査(上図)によれば、これから治療を受けるかどうかを検討している方が最も気にされているのは『治療後の腫れや内出血』でした。

限られた期間で、人目に知れず目の下のくま・たるみ治療をお受けになりたいという、切なる思いの現れだと思います。

当院では、モニター患者様の治療後の経過を詳細に写真撮影し、直筆の体験談もあわせて公開しています。
またモニター患者様ご自身が撮影した画像付きの体験ブログも公開しています。

特に治療後の腫れが目立ちやすい初めの1週間については、体験ブログは毎日更新していただいているので、有用な情報が満載です。

このように情報公開するのは、治療の良い部分だけではなく、大変な部分含めてすべてお見せすることになるので、ほとんどのクリニックではそのようなことはしていないのが現状です。

当院は目の下のくま・たるみ治療をご検討されている方々に治療後の経過を詳細にお知らせすることで、当院で治療をお受けになる場合の準備に役立てていただきたいとと考えています。

脂肪の定着率はほぼ100%の最新技術

定着率が高い脂肪注入なので、腫れが少なく確実な効果が出せます。

従来の脂肪注入法では、元気な脂肪細胞や脂肪幹細胞以外の不純物が分離できすに一緒に注入されていたので、注入後に定着する脂肪は注入量に対して30%にも満たないのが現実でした。
このためほとんどの場合、1回の脂肪注入で満足レベルの結果を出すのは不可能でした。

従来の脂肪注入法を改良したダブルリポ法では、自分の血液から抽出したW-PRP(濃縮血小板)を脂肪に添加することによって、50%程度の脂肪が定着できるようになりました。

その結果、適量の2倍量を注入することにより、1回の脂肪注入で満足レベルの結果が得られるようになりました。
しかし過量の脂肪注入を行うことが治療後の腫れを大きく、ダウンタイムを長くする原因になっていました。

ダブルリポ法をさらに改良したコンデンスリポ法では、最新機器によってこれまで分離できなかった不純物を確実に分離し、元気な脂肪細胞と脂肪幹細胞だけを濃縮してから注入します。

コンデンスリポ法では注入した脂肪量に対して100%近くの脂肪が定着します。 このため過量の注入をする必要がなく、脂肪注入後の腫れが最小限度で、確実な効果が出せるようになりました。

ドクターの技術と経験

目の下の脂肪注入は良い治療なのに、他院ではなぜ積極的に行わないのでしょうか?

脂肪注入を行ったことがあるドクターにはわかることですが、脂肪を滑らかに繊細に注入するのは技術的に難しく、大雑把な治療結果になりやすいからです。

仮に多少大雑把に脂肪が注入されたとしても、例えばこけた頬やコメカミ、バストなど、ある程度の皮膚の厚みのある部であれば、それほど問題が表面化することはありません。

しかし目の下のように皮膚が薄い部分では、よほど正確に注入しないと表面が凹凸になったり、内部にしこりが残ったりするトラブルが起こりやすい
ので、敬遠されているのです。

定着率が良い脂肪を、目の下に滑らかに注入できるのは、当院独自の先進医療技術です。

目の下への脂肪注入は、目の下の薄い皮膚と頬の厚い皮膚の境目に滑らかに、かつ正確に適量の脂肪を注入するという、とても難易度が高い施術です。
凸凹を作らず滑らかに 自然に仕上げるためには、目の下の脂肪注入の豊富な経験と正確な技術が必要となります。

水谷院長はこれまで3000症例以上の目の下のくま・たるみ治療を行ってきました。
豊富な経験に基づいた技術力・デザイン力があるので、どのような目の下のくま・たるみのご相談でも対応できます。

皮膚が薄くて繊細な目の下に、定着率が高い脂肪を正確に滑らかに注入できるのは、当院だからできる先進医療技術です。

他院で治療を断られた方、他院治療後の修正もお引き受けしています。

水谷院長は、他院で行われた治療後の不具合修正も含めて多種多様のケースを経験し、それらに対する解決策もマスターしています。

他院に相談したが治療出来ないと断られた方や、他院で治療したが満足の結果が得られなかった方への治療も行なっておりますので、まずお気軽にご相談ください。

    • インタビュー
    • モニターブログ一覧
    • 学会発表・講演・論文掲載
    • 掲載メディア情報
    • 当院が選ばれる4つの理由
    • メール画像診断
    • 無料メール相談
    • 診察カウンセリング予約
    • 手術の同意書
    • 診療モニター大募集
    • クリニック

      東京院
      〒104-0061
      東京都中央区銀座6-8-3
      銀座尾張町TOWER 6階・7階
      ※受付窓口は6階となります。
      0120-858-800

      大阪院
      〒530-0002
      大阪市北区曽根崎新地1-5-18
      零北新地 5F
      0120-020-878

    • 銀座みゆき通り美容外科は、コンデンスリットファット(CRF)ならびにマイクロCRFを取扱うクリニックとして、日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会から正式に認可されています。

      • 診療モニター大募集

bottomimg

bottomimg