症状別治療法

症状別治療法

クマ治療、影ぐまの解消法

影ぐまの詳しい説明はこちら

影ぐまの解消手術は・・・
脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法・脱脂コンデンスリポ法による手術です。

影ぐま(目の下のたるみ)は、目の下が膨れてたるみ、膨らみの下に影ができて色濃く目立つ状態です。
影ぐまができる人は、よく観察すると目の下の膨らみの下が頬より凹んでいて、目の下と頬の境目が溝のようになっています。

この凹み(溝)は、生まれつきの骨格(遺伝)で頬上の脂肪が足りなかったり、加齢により頬が垂れて頬上が痩せてきたりするのが原因です。
凹み(溝)が深くなるほど影が濃くなるので、いっそう影ぐま・たるみが目立つようになります。

さて影ぐまの膨らみは、まぶたの裏側(結膜側)から脂肪を適量除去する『経結膜脱脂法(けいけつまくだっしほう)』で治療します。
目の下の膨らみだけなくしても、影ぐま(目の下のたるみ)の症状は軽くなります。

しかし頬上が痩せて目の下と頬の境目の溝が深くなってくると、『経結膜脱脂法』をしても溝を消すことはできないため、良い治療結果は得られません。
完治させるためには、目の下の膨らみと、目の下と頬の境目の溝の両方をなくす必要があります。

目の下と頬の境目の溝をなくすためには『脂肪注入法』が最も効果的です。
脂肪注入法以外にも様々な注入治療がありますが、目の下の場合は色々な問題があるので要注意です。

脂肪注入以外の目の下の注入治療について、詳しくはこちら

当院の目の下のくま・たるみの根治治療、脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法・脱脂コンデンスリポ法は、は、脂肪による目の下の膨らみを『経結膜脱脂法』で解消し、同時に目の下と頬の境目の溝を『脂肪注入法』によって確実になくす、組み合わせ手術です。

説明画像

目の下と頬の境目の溝が浅い場合は・・・脱脂リポ法
目の下と頬の境目の溝が深い場合は・・・脱脂ダブルリポ法・脱脂コンデンスリポ法が適しています。

影クマ 整形前 → 影クマ 整形後

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい手術の手順はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい手術の手順はこちら

紫ぐまの解消術

紫ぐまの詳しい説明はこちら

紫ぐまの解消手術は・・・
脱脂ダブルリポ法・脱脂コンデンスリポ法による手術です。

紫ぐまは、目の下の皮下の筋肉の色が透けて赤みを帯びて見えてしまうくまの症状です。
赤みが透けなくするために、当院では目の下の皮膚直下に薄く脂肪注入を行い、脂肪や繊維組織の層を作ることで透けて見える色合いを薄く目立たなくさせる方法で治しています。

実際は紫ぐまと影ぐまが混在している場合がほとんどなので、影ぐま同様、目の下の膨らみを『経結膜脱脂法』で解消し、同時に目の下と頬の境目の溝や頬上を『脂肪注入法(ダブルリポ法・コンデンスリポ法)』によって埋め合わせする組み合わせ手術が適しています。

目の下の膨らみがなく、紫ぐまの症状だけの場合は『経結膜脱脂』は行わず、目の下と頬の境目や頬上に『脂肪注入(ダブルリポ法・コンデンスリポ法)』のみ行います。

脂肪注入を目の下全体に行うと腫れぼったくなってしまうため、脂肪注入できる範囲は限定的です。このため紫ぐまを完全に消すのは難しいですが、当院の目の下のくま・たるみ解消手術によって影ぐまをなくし、同時に紫ぐまを薄くすることができるので、軽いメイクで目立たなくなります。

青クマ 整形前 → 青クマ 整形後

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい手術の手順はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい手術の手順はこちら

茶ぐまの解消術

茶ぐまの詳しい説明はこちら

茶ぐまの解消手術は・・・
脱脂ダブルリポ法・脱脂コンデンスリポ法・Q-YAGレーザー治療・トレチノイン療法

茶ぐまはアザの一種です。
目の下のくまの原因が茶ぐまだけの場合は、はじめからアザの治療を行います。

具体的には、レーザー治療(QスイッチYAGレーザー)とトレチノイン療法(軟膏治療)を交互に繰り返す治療を行います。治療期間が半年〜1年以上になることもあるので、根気が要ります。

実際には茶ぐまだけではなく、影ぐま、紫ぐまが混在して目の下のくま・たるみが目立っている場合が多いので、まずは脱脂ダブルリポ法や脱脂コンデンスリポ法で影ぐま、紫ぐまを解消します。その後に必要に応じて、アザ治療を追加します。

【茶ぐまのレーザー+トレチノイン治療の手順】
1. 2〜3ヶ月間かけてトレチノイン治療を行います。方法としては、クリニックから処方されたトレチノイン軟膏、ハイドロキノン軟膏、高濃度ビタミンCローションをクリニックでご説明した手順通りにご自宅で患部に塗っていただきます。少し赤みがでますが、普通にお化粧して構いません。2週間に一度のペースで診察を行い、経過のチェックをします。
2. 患部にQスイッチYAGレーザー治療を行います。治療後は数日程度、絆創膏を貼って保護します。レーザー照射部には内出血が出たりカサブタができることがあり、1週間ほどで目立たなくなります。
3. レーザー治療後の赤みが引いたら、トレチノイン治療を再開し、2ヶ月程度行います。
4. トレチノイン治療が終わったら、まぶたの皮膚色を診察します。もしまだ茶色が残っていれば、再び患部にQスイッチYAGレーザー治療を行います。
5. レーザー治療後の赤みが引いたらトレチノイン治療を行い、その後まぶたの皮膚色を診察します。
6. 茶色が消えるまで反復治療を行います。
比較画像

脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法の詳しい手術の手順はこちら

脱脂コンデンスリポ法の詳しい手術の手順はこちら

    • インタビュー
    • モニターブログ一覧
    • 学会発表・講演・論文掲載
    • 掲載メディア情報
    • 当院が選ばれる4つの理由
    • メール画像診断
    • 無料メール相談
    • 診察カウンセリング予約
    • 手術の同意書
    • 診療モニター大募集
    • クリニック

      東京院
      〒104-0061
      東京都中央区銀座6-8-3
      銀座尾張町TOWER 6階・7階
      ※受付窓口は6階となります。
      0120-858-800

      大阪院
      〒530-0002
      大阪市北区曽根崎新地1-5-18
      零北新地 5F
      0120-020-878

    • 銀座みゆき通り美容外科は、コンデンスリットファット(CRF)ならびにマイクロCRFを取扱うクリニックとして、日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会から正式に認可されています。

      • 診療モニター大募集

bottomimg

bottomimg