患者様インタビュー 高橋直美さん(仮名)

銀座みゆき通り美容外科で、目の下のくま・たるみの解消術である「脱脂コンデンスリポ法」の手術を受けた高橋直美様(仮名・31歳)に、 手術前・手術後の2度にわたり、治療の感想やライフスタイルの変化など詳しくうかがいました。

  目の下のくま・たるみ     脱脂コンデンスリポ法     30代  

高橋さんへのインタビュー動画

手術前と、術後3か月経過した取材時の表情

正面から。目の下の影がうすくなり、表情が明るく自信にあふれています
目の下のくぼみの面積が少なくなり、若々しい印象に変化しました

Before

「お化粧をした後って一番きれいなはずなのに、鏡を見るのが憂鬱でたまりませんでした」

― いつから「目の下のくま・たるみ」にお悩みでしたか。

「眠れない日が続くと疲れた目元になることがありましたが、あるときから、疲れ顏が毎日続くようになっていました」

4か月ほど前です。それ以前は全然気にならなかったのに、突然だったんです。 
最初に気になったのは証明写真でした。
写真に写ってる自分があまりにも疲れていて、友達にその写真を見せたら、「最近、いつもそうだよ〜」って・・・。証明写真って、結構明るく撮れるのに、くまがひどくて、ショックでした。 
そのころは、友達と遊びに行っても「疲れてない? 今度はきちんと寝てからおいでね」って言われるし、「そうだね〜」と明るく答えていても心の中は真っ暗です。女友達からも、男友達からも「疲れてるね〜」と言われることが頻繁にあり、嫌でした。

― 何か対処法は試していましたか。

保湿クリームと、コンシーラーをたくさん試してました。コンシーラーは有名どころのものをたくさん試しましたが、気にしている目の下ばっかり厚ぼったくなってしまって、結局カバーできませんでした。 

メイクをした後って一番キレイなはずなのに、鏡を見るのが憂鬱でたまりませんでした。日中、メイクのチェックで手鏡を見ても、「うわっ! くま、すごくない?」って自分で驚いちゃうほど…。 気持ちはしずんでいく一方でした。

「リスク面もきちんと説明してもらっていたので、かえって信頼ができました」

最初のカウンセリングには1時間半〜2時間かけてじっくりと丁寧に行われる

― 今回、「銀座みゆき通り美容外科」はどのように探しましたか。

最初は、くまの対処法を探そうと思ってインターネットで、「目 くま」で検索しました。そしたら、こちらのホームページが出てきたんです。
「くまって、マッサージとかメイクじゃなくて、整形の話になるんだ!」と、びっくり。 

ホームページを見ると、症例とか、モニターさんのブログとかたくさん出てるじゃないですか。それを読んで、思い切って手術という方法を選ぶのも一つの選択肢だと思いました。
私が「みんな、手術をして良かったね!」って思えるくらい、目の下のくま・たるみがきれいになっていたので。

― 他のクリニックと比較しましたか。

はい。私は、他にも治療費の安い2つのクリニックに行ったけど、症例数は少ないし、お医者さんの対応が親身じゃなく、信頼できませんでした。
某クリニックでは、先生の話を聞きながら、「大丈夫かな、ここの病院…」と不安に思っていました。そこの先生は15分も説明してないんじゃないかな〜…。

その一方で、銀座みゆき通り美容外科のカウンセリングは1時間半〜2時間くらいかかったと思います。
くまの種類から、手術の方法、手術をしたら腫れが出ること、腫れた後に脂肪が吸収されていくことなど丁寧な説明がありました。ほかにも、症例を見ながら、色素沈着は治らないこととか、手術をするとシワができやすくなるとか、リスク面もきちんと説明してもらっていたので、かえって信頼ができました。

「私がここに決めた一番の理由は、圧倒的な症例数の多さです」

たくさんのホームページを見て、銀座みゆき通り美容外科の症例数の多さと、結果に納得している様子

― 銀座みゆき通り美容外科に決めた理由は。

私がここに決めた一番の理由は、圧倒的な症例数の多さです。色んなホームページをたくさん見たんですが、ここの症例数が一番でした。  

― 症例はどのように参考にしましたか。

必ずしも自分がどれかに当てはまるとは思わないけど、多ければ多いほど、腫れ方の個人差とかも分かるし、目安になります。
「腫れてもこのくらい」とか、「中にはそんなに腫れていない人もいる」とか、端からチェックしました。
やっぱり、手術後のダウンタイムのことが心配だったので、たくさんの症例があって見当が付けられるのは安心です。

― 目の下のくま・たるみが治ったら何がしたいですか。

今、気になっている人がいるので、かわいくなったら遊びに行きたいな。 
手術が今日から5日後です。ちょっと前まではダウンタイムが怖いと思っていたけど、今は楽しみの方が強いかな。
今は、鏡を見ても落ち込まず、「あと何日かで、このくまのことを気にしなくてもいいんだ」と思えるようになっています。

 

After

「朝のお化粧の後には、気持ちが“ルンルン”と前向きになります」

「こうやって取材にお答えするまで、くまの悩みをすっかり忘れていました」

― 手術を終えて、まずは感想をお願いします。

表情が明るくなりました。
私は、目の下のくま・たるみ手術をして、大正解だと思います。
周りの人から、「疲れてる?」と聞かれることもなくなったし、今では、くまのことなんて日常生活からなくなって、こうやって取材にお答えするまですっかり忘れていました! 

私がくまに悩んでいた期間はほんの数か月ですが、もっと早くやっても良かったかも〜。

― お化粧は変わりましたか。

前はコンシーラーの厚塗りをして、結局乾燥して、しわが目立って…と悪循環でしたが、今はほんのひと塗りするだけです。その頃は時間もかかったし、憂鬱で仕方なかったけど、今朝も「パッパッパ、はい終了っ!」という感じで、朝のメイク時間がとても短くなりました。

今は、お化粧仕立ての顔をみると、気持ちが“ルンルン”と前向きになります。

でも、気になることも出てきました。
くまが解消されたことで美意識が高まったのか、別の部分が気になって、どんどんきれいになりたいと思うようになってきたんです(笑)。・・・欲が出てきたかな?

― 気になる恋のお相手とは…。

クリスマスにデートに行く予定だったのですが、思いのほかダウンタイムがあったので、延期してもらっています。でも、こんなに自分に自信がつくとは思いませんでした。いつ、デートに誘われてもOKです!

ダウンタイムについて

「私、どうしても仕事が休めなくて、手術の翌日から出勤していました」

― お仕事にはいつから出勤しましたか。

私、仕事がどうしても休めなくて、手術の翌日から出勤していました。手術が月曜日だったので、火曜日から出勤です。さすがに、その週は辛かったです。私は、最低でも3日間、会社が休める状態だったら良かったと思いました。

― 辛いと感じた理由を、具体的に教えて下さい。

まず、会社の人に腫れた理由をごまかすのが大変だったのと、自分が思っていた以上に腫れました。あと、顔の腫れは本当に引くのかな…という不安ですね。
目の下が腫れていると、目が小さくなっちゃって…。モニターの写真撮影は撮影時の条件を同じにするために、まつ毛エクステが術後3か月間禁止だったので、エクステを毎日つけていた私はそこも辛かったです。

それから、意外と足の脂肪を取った部分のテーピングが辛かった。目の下に注入するための脂肪を太ももの付け根から取るのですが、私は脂肪を取った後の傷ではなくて、その周りにギュっと巻かれたテーピング(※詳しくは水谷先生の説明にて)が痛かったです。 
これは体質もあると思うんですが、私の場合はテーピングにかぶれてしまって太ももが真っ赤になってしまいまいた。

― 普通の生活に戻ったのはいつからですか。

私は12月17日に手術して、年内いっぱいは腫れと違和感があったので、少なくとも2週間は腫れぼったかったです。年末は、親友と過ごしましたが、まだ少し腫れが残っている感じで、状態が落ち着いてなく、「なんか、いつもとちがう?」という反応をされました。

でも、友だちは、手術をしたことに気付いてないんじゃないかな〜。誰も目の下のくまを手術しようなんて、考えつかないんだと思います。

執刀した水谷先生より、高橋さんの手術について

― 高橋さんの目の下のくま・たるみはどのような状態でしたか。

高橋さんの場合は、目の下がたるんで影ができる『影ぐま』と、目の下の皮膚が薄いために皮下が透けて赤紫色に見える『紫ぐま』の症状が混在していました。

― 術後の腫れについて教えて下さい。

目の下の脱脂はまぶたの裏側から行う手術のために皮膚側への刺激が少なく腫れが少ないのですが、脂肪注入は目の下の皮膚の凹凸を滑らかに補修するため、皮膚側から行います。このため、手術後は1〜2週間程度、腫れぼったい感じになります。

― テーピングのかぶれについて教えてください。

脂肪を吸引した部分は、アフターケアで圧迫することが重要です。このためサポート力がある包帯を2〜3日間巻いて圧迫固定していただいていますが、皮膚が弱い方は赤くなったり、かぶれたりすることもあるようです。今後は圧迫効果があってかぶれにくい方法を検討いたします。

― 手術後、しわがでることがあるのでしょうか。

目もとがたるんで膨れている部分は脱脂で膨らみを取り除き、逆に凹んで影になっている部分には脂肪注入を行って、凹みを埋めて無くします。この手術によって、皮膚を切らずに目の下のくま・たるみが解消できるのですが、膨れていた部分の中身(脂肪)が減量すると、その分だけ皮膚が余るので、ご年齢によっては僅かながら小じわができてしまうケースもあります。今後はフラクショナルレーザーを併用して、手術後の小じわの予防を図る方法も導入する予定です。

術後、生活面で気を付けていたこと

術後のカウンセリングを受ける高橋さん

― 術後、普段の生活で気を付けていたことはありますか。

先生に言われていたのは、老廃物のマッサージやリンパのマッサージは脂肪の吸収を良くしちゃうので、やってはいけないと言われていました。

― お化粧はどの程度していましたか。

私の場合は、目の下の腫れが、青あざから黄色いあざに変色しました。そのときはコンシーラーとか濃い目のファンデーションを使って、色だけは隠すようにしていました。

目の下までマスクで覆っていましたが、メイクをしないわけにはいきません。色が見えなくなるくらい、お化粧は厚めにして、顔を洗うときは、そっと優しく、優しく、洗っていました。

手術の経験者として、悩んでいる方に向けて

― 手術の経験者として、悩んでいる方に向けてメッセージをお願いします!

正直、こちらの治療費は、私がカウンセリングを受けた中で一番高く、一番ハードルに感じていた部分でした。
でも、他のところでもカウンセリングを受けたら、「金額だけで決めてはいけない」ということに気づきました。 銀座みゆき通り美容外科は、これだけ多くの症例があって、なによりも結果が出ていて安心できるし、スタッフのみなさんの対応に誠意を感じることができます。
手術後の腫れが心配なときに電話で問い合わせても丁寧に対応して下さったし、不安な気持ちを解消してくれるように配慮してくれました。 もしも、治療費で悩んでいる人がいたら、いろんなクリニックにカウンセリングに行ってみると良いと思います。それぞれ対応が違うので、ここの良さがわかると思います。

― 最後に、銀座みゆき通り美容外科に向けてメッセージをお願いします。

先生、スタッフのみなさん、丁寧な対応をしていただきありがとうございました。毎回、皆さんが笑顔で迎えて下さり、私の担当ではない方でも気さくに挨拶をして下さって、嬉しかったです。手術後は不安だったので何回も電話をしてしまいましたが、嫌な対応をすることなく、励ましの言葉までかけて下さいました。
いまは、ただただ、感謝の気持ちだけです。ありがとうございました。

高橋様、本日はお忙しい中貴重なお話を
お聞かせいただき、ありがとうございました。

    • インタビュー
    • モニターブログ一覧
    • 学会発表・講演・論文掲載
    • 掲載メディア情報
    • 当院が選ばれる4つの理由
    • メール画像診断
    • 無料メール相談
    • 診察カウンセリング予約
    • 手術の同意書
    • 診療モニター大募集
    • クリニック

      東京院
      〒104-0061
      東京都中央区銀座6-8-3
      銀座尾張町TOWER 6階・7階
      ※受付窓口は6階となります。
      0120-858-800

      大阪院
      〒530-0002
      大阪市北区曽根崎新地1-5-18
      零北新地 5F
      0120-020-878

    • 銀座みゆき通り美容外科は、コンデンスリットファット(CRF)ならびにマイクロCRFを取扱うクリニックとして、日本医療脂肪幹細胞研究会CRF協会から正式に認可されています。

      • 診療モニター大募集

bottomimg

bottomimg