2017.1.11

目のクマ・たるみのレーザー治療

レーザー治療で目の下のクマを改善する方法を解説していきます。

レーザー治療による目のクマ・たるみ治療の特徴

/

 

美容クリニックでは、医療レーザー機器を使い、レーザーの光をあてて、美肌や脱毛をする治療が充実しています。波長の違いによって種類があり、目のクマのための治療にもよく用いられています。

クリニック・医師の独自の治療法もあって、どこを選ぶか、どの先生に診てもらうかで仕上がりのレベルは違ってきますのでよく調べてから治療を受けましょう。

レーザー治療は、色素沈着による平らなクマには効果が高い方法ですが、皮膚のたるみによるボコッと膨らんだ黒(影)クマは、レーザーには難しいので他の治療法を検討した方が良いかもしれません。

血行不良による青クマの治療もあり、下で紹介していますが、効果がでない場合も多く、レーザーでは時間がかかるようです。

茶クマのレーザー治療

皮膚が茶色く色素沈着してしまった茶クマには、レーザー治療が一般的。レーザーを皮膚にあてると、メラニンの排出を高め、皮膚の再生を働きかけることができます。

ジェネシスやCO2フラクショナルレーザーなど色素沈着やくすみを改善に強いレーザー治療を行います。

青クマのレーザー治療

目の下が青く見えているクマは、薄い皮膚の下の血管が浮き出てしまっている状態。血流悪化が原因なので、YAGレーザーやジェネシスなどの最新レーザー機器で刺激を与える治療を行います。

肌を活性化させて、目の下の血行を良くし、青みを取り除いていきます。

目のクマ・たるみをレーザー治療した女性たちの口コミ

fotolia_119594660_subscription_monthly_m

 

実際にレーザー治療をした方は、結果に満足されているのでしょうか。口コミを調べてみました。

「レーザー治療は施術後にすぐお化粧をして普通の生活を送れるので忙しい私にはぴったりな治療法でした。目の下のくすみが消えて透明感のあるアイゾーンになったと思います。」

「施術後1週間は腫れた感じで心配でしたが、その後は効果がはっきり分かりました。クマを薄くすることができました。」

「タイタンとジェネシスを併用した治療をしています。治療中の傷みはなし。3回目位からクマが薄くなり、透明感が出てきました。」

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事