2017.1.4

寝不足のせい?一時的な目の下のくまの原因と解消法

ここでは、比較的症状の軽い、一時的な目の下のくまについて解消法をご紹介します。

一時的な目の下のくまの原因とは

fotolia_105129483_subscription_monthly_m

 

前の日に寝るのが遅くなった日は、クマが気になるな…。そんなときは、いったい目の下はどうなっているのでしょう。

目のまわりには毛細血管があります。目の下の皮膚は薄いため、他の皮膚よりも色味が透けやすいです。あまり眠っていないと、目の疲れがたまって血行不良になります。血が滞っているとクマとして見えやすいというわけです。

最近は、パソコンやスマホ、タブレットを多く使うことが多いですよね。そんな生活は、目に疲れが溜まりやすくなります。

また、疲れが溜まると、お肌の調子も悪くなります。ターンオーバーが乱れてくると、目の下のデリケートな皮膚はくすみがちに。メラニン色素がたまって茶色く見えるようになるのです。血行もお肌もいつも元気でいたいですよね。

そんな目の下が気になるときは、まだ症状が軽いうちに、自分自身で気をつけて、ケアできれば、クマは良くなっていきます。その日のクマは、その日のうちに解消する。それが目の下に疲れを貯めないための鉄則です。

一時的な目の下のくまの原因とは

fotolia_80190900_subscription_monthly_m

 

一時的な目の下のくまであるなら、自分で簡単にできる解消法があります。クマが出ているときはもちろんですが、予防のためにも、いつもの習慣にしておきたいです。

 

≪解消法1≫ 血行を良くする

目の下を軽くマッサージしたり指圧したり優しくケアしてあげると、血行が改善されて、お肌の代謝も良くなります。ただし、薄くデリケートな皮膚は擦ったりする刺激に弱くて、色素沈着を起こしやすい部分です。目元用のクリームやマッサージオイルなどをつけておくことをおすすめします。

また、蒸しタオルや市販のホットアイマスクで心地よく目のまわりを温めるのも疲れを取る良い方法です。

 

≪解消法2≫ 睡眠時間を充分に規則正しく

当たり前のことですが、睡眠時間はとても大切です。私たちは、毎日、起きている間、ずっと目を酷使しています。仕事ではパソコンを見たり、細かい書類を読んだり。プライベートではテレビやスマホを見る…。いつもコンタクトや眼鏡をしているなら特に疲れ目になっていることでしょう。

目に優しい緑を見ることも少ないですよね。明るいライトを消して、目を閉じて、外部の刺激をシャットダウンしましょう。ゆっくり静かに目を休めることが疲れを回復させる一番の対策です。

 

≪解消法3≫ 目を休める習慣をつける

仕事や家事、育児に忙しい女性は、分かってはいるけどなかなか休息がとれないという方もいらっしゃいますよね。時間がなくてもできるのは、時々、目を休める習慣をつけるということです。

例えば、1時間に1回は30秒だけ目を閉じてみましょう。何となく見てしまっているテレビやスマホを消して、音楽を聞いてみるなど目を使わない方法を考えてみましょう。ちょっとした心がけで、毎日、目を大切にすることはできます。そうすると、目の下のクマ予防にもなるのです。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事