2017.1.2

スキンケア(アイクリーム・目元美容液)

ここでは、アイクリームや目元美容液にできるセルフスキンケアについて解説したいと思います。

アイクリームを使ったクマ・たるみ隠しの特徴

fotolia_105128812_subscription_monthly_m

 

くまは、タイプによって、血行不良や色素沈着、たるみといった原因が異なります。それぞれにおいて改善のアプローチは違ってくるのですが、やはり毎日のスキンケアはしっかり行いたいものです。基礎化粧品にプラスして、アイクリームや目元専用美容液を使うと効果がアップするでしょう。

有効成分も色々あって、ハリを与えてたるみに効くもの、ターンオーバーを整えるものなどがあります。自分のくまがどんな種類かを把握して、使い分けるのをおすすめします。

ただし、スキンケアでは、劇的な効果や即効性を期待するは正直言って難しいでしょう。あくまで今の状態をキープするために、これ以上、悪化をさせないように、お肌をケアしていくものと考えてください。

今は、目元専用のとても良い製品が増えてきています。クマを改善するのに時間がかかっても、ふっくらとしたハリや明るさを実感している方は多いので、ぜひ試してもらいたいです。

血行不良が原因の青クマにおすすめのスキンケア

目もとの血の巡りが悪いと青いクマが目立ってしまうことに。美容成分を与えて血行促進を促してあげると効果的です。マッサージ用として使える美容液を選ぶと良いでしょう。美白や保湿成分が浸透して目元の美しさを高めてくれます。

色素沈着による茶クマにおすすめのスキンケア

茶クマは、シミと同じで、お肌のターンオーバーが乱れて、メラニンの茶色い色が残ってしまった状態。ホワイトニング効果のあるアイクリームを使用すると良いでしょう。

たるみが影になる黒クマにおすすめのスキンケア

黒クマは、目元がたるんでしまったことにより、影ができた状態。目もとにピンとしたハリを与える目もと専用美容液を使うと、たるみが引き締まり、黒い影が目立たなくなってきます。

アイクリームを使って目元スキンケアをしている方の口コミ情報

fotolia_113956379_subscription_monthly_m

 

いつものスキンケアにアイクリームや目元専用美容液を取り入れている方の口コミを調査しました。直接くまが無くなるというよりは目もとのハリなどの効果を実感していらっしゃるようです。

  • 「しばらくアイクリームをつけ続けた結果、ハリと透明感が出てきました。目もとが元気になってきたような感じです。」
  • 「たるみによるくまが目立っていたので目もと専用美容液を試してみたところ、塗ってからはあまり目立たなくなってきた気がします。」
  • 「クリームを目元に塗っていくと美容シートを貼ったみたいにピンとしたハリ感がありました。これからも目元対策のために続けていきたいです。」

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事