2016.12.31

目の下のくま解消法~20代の場合~

ここでは、20代のお肌の様子と目の下のくまについて体験談と解消法を調べました。

20代が悩む目の下のくま・たるみの特徴とは

fotolia_85631067_subscription_monthly_m

 

10代の頃に紫外線にあたりお肌に溜めた疲れ。20代になると目の下のくまとなって表れていきます。シミと同じく肌のターンオーバーが乱れると、茶色いメラニン色素が溜まってクマとなります。

また、パソコンやスマホを見る機会が多くなって、目の下の血行不良も青クマの原因に。生活改善とスキンケア次第でまだまだ持ち直す年代ですが、ひどいクマに悩んでいるのなら、美容クリニックのプロにおまかせするという解消法も。

美容を気にする多くの女性がクマ治療をしています。下の体験談は参考になりますよ。

目の下のくま解消法~20代の体験談~

 

fotolia_128555263_subscription_monthly_m-1

自分の心がけやスキンケアを徹底している方もいますが、思い切って美容外科に相談に行っている方も多いです。目の下のくまに悩む20女性の体験談を読んでみましょう。

 

【軽度のケース】「注意しているのは、疲れを貯めず目元を擦らないこと」

仕事で疲れているなと思うと目の下のくまがひどいことに。ハウスダストや花粉で目がかゆくって、擦ることが多くなったのも原因のように思いました。

人に相談すると、ファンデーションやコンシーラーでも目を擦っていてシミみたいになっちゃうんだよと教えてもらいました。目が疲れないようにして、擦らないスキンケアをするようにしています。

 

【中度のケース】「寝不足?と聞かれるほどのクマをクリニックで解消」

目の下の悩みがあって美容クリニックで施術を受けることに。くま治療の経験が豊富なドクターにお願いすることができました。皮膚を切らなくても自分の脂肪を注入するだけで改善するというところに魅力を感じて決めました。

施術後はあまり腫れず、治療後1ヵ月で目の下は違和感なくクマもなくなりました。ここで治療を受けてよかったです。

 

【重度のケース】「目元のたるみが子供のころからの悩みだった」

クマが出やすくていつも疲れた顔に見えるのがコンプレックスだった私。自分でも洗顔で擦らないようにしたり、メイクで隠したり、色々試しても変わらず…。調べているうちに評判の美容外科を知って治療してみることにしました!

自分の太ももなどの脂肪から、不純物を取り除きたものだけを注入する治療法なのですが、施術後は腫れて患部が黄色っぽくなりまいたが数週間でキレイに。

たるみがなくなることでメイクが楽になって、疲れ顔に見えなくなったのが本当に嬉しいです!

 

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事