2016.12.27

目の下のクマ治療~ヒアルロン酸注射・レディエッセによる涙袋形成~

目の下のクマ治療~ヒアルロン酸注射・レディエッセによる涙袋形成~

美容クリニックにできる、目の下の治療として、美容注射をクローズアップしました。

ヒアルロン酸注射で涙袋を作り目の下のクマを治療

fotolia_114041379_subscription_monthly_m

 

美容クリニックのアンチエイジング治療としてヒアルロン酸注射は人気です。クマや目の下のたるみにも、ヒアルロン酸注射は利用されています。手術をするわけでなく、注射という負担が少ない方法なので、クリニックのメニューの中でも比較的気軽に行うことができます。

しかし、すべてのクマに有効なのではありません。目の下の涙袋の膨らみや凹みがあることで、影ができてしまう黒クマには、ヒアルロン酸を注射でいれることで、クマを目立たなくすることができます。

仕上がりは、医師の技術力で変わる治療ですのでクリニック選びは慎重に。悪い例では、目の下が不自然にボコボコとなってしまったということも。ヒアルロン酸は、しばらくすると6~12か月くらいで吸収されてしまうので永久的な治療ではありませんが、分解できる成分なので、安全性が高いことは評価されています。

レディエッセで涙袋を作り目の下のクマを治療

fotolia_86898311_subscription_monthly_m

 

このレディエッセは、注射でクマやたるみ部分に注入できるというところはヒアルロン酸注射と一緒ですが、成分が異なります。

カルシウムハイドロキシアパタイトという人の骨を形成する成分です。歯医者や形成外科の医療の分野で長く使われていて安全性は高いとされています。12~18ヵ月ほど効果が持続しますが、体内に吸収されるので永久的ではありません。

注意したいのは、気に入らなかったときにすぐ分解注射でリセットできません。ヒアルロン酸注射よりも皮膚になじんだ質感なるので選ばれる方もいらっしゃいます。ただし、薄い皮膚部分に注入すると、白っぽく見えやすく、皮膚がボコボコになったりする例もありますので、技術の高いクリニックでの施術をおすすめします。

ヒアルロン酸注射・レディエッセによる涙袋形成(目の下のクマ治療)

美容クリニックで施術を受けた方のコメントを調べました。クマやたるみが解消したという嬉しい口コミもありましたが、心配な口コミもあります。医師の腕で仕上がりが変わってくる施術なので、クリニック選びは慎重にしてください。

  • 「影クマに悩んでたので勇気を出してヒアルロン酸注射にトライしました。最初は目立たなくなったのですが、しばらくするとまたクマが目立つように。手で触れるとぽこっとしたふくらみがあるので吸収されていないような気がします。クリニックを選べばよかった。」
  • 「私のクマにはレディエッセ注入が最適とドクターから説明されて行いました。注入による腫れは数日でおさまり、目の下のクマは違和感なくしっかり消えています。」
  • 「目の下のたるみ取りとして、レディエッセを入れたら、いびつにへこんでしまい、レディエッセを入れた部分はしこりのようになってしまいました。受けたことを後悔しています。」

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事