2016.12.23

疲れが原因?時々現れる目の下のくまの原因と解消法

疲れが原因?時々現れる目の下のくまの原因と解消法

ここでは、若い世代でも悩む目の下のクマについて解説し、おすすめの解消法もご紹介します。

時々現れる目の下のくまの原因

fotolia_89147756_subscription_monthly_m

 

まだ若いうちから目の下のクマがあるとそれだけで実年齢より老けて見えてイヤですよね。10代や20代で多いのが青白かったり茶色かったりする表面的なクマ。お肌は若いので加齢によるたるみは気にならない世代かと思います。

では、なぜ、目の下にどんよりと暗い色が出てしまうのでしょうか?目の下にクマができる原因は種類によって異なります。

青いクマの原因

  • もともと色白で皮膚が薄いから目の下の毛細血管の色が透けやすい。
  • 冷え症や肩こりなど血行不良になりやすくて目の下に血の滞りが見えてしまう。

茶色いクマの原因

  • メイク落しやお化粧、マッサージで肌を擦ってしまうなど間違ったケアをしている。
  • 普段、紫外線にあたる生活。または、UVケアをきちんと行っていない。
  • お肌が荒れて色素沈着を起こしやすくなっている。シミやソバカスもできやすい。

黒いクマの原因

  • 皮膚表面にたるみなど凹凸があることで、光の角度で影が見えてしまう。

このような肌質、体質、生活習慣ではありませんか?目の下はデリケート。クマとなって影響が出やすいのです。

目の下のくまを解消するおすすめの方法

鏡を見て目の下にたるみがなく、表面的な色が気になるクマならまだ大丈夫。毎日のお手入れをしっかりして、必要なら美容外科に相談に行きましょう。プロにおまかせすれば驚くほどキレイに戻れます。

≪解消法1≫ 肌質や体質を知って気をつける。

kuku

 

fotolia_96833543_subscription_monthly_m

 

青いクマが表れる方は、血行を良くするために、目だけでなく、体全体を冷やさないように生活すること。服装に気をつけたり、湯船につかったり、毎日できることは沢山あります。目のマッサージや蒸しタオルをあてたりして、目のまわりの血行不良を良くしてあげる努力が必要です。

茶クマが表れる人は、皮膚の問題です。肌色が茶色くなってしまっているということ。普段のお手入れで、目のまわりを擦っていませんか?花粉症の時期は目を触ることが多くなるので注意しましょう。目の下の皮膚は薄くてちょっとの刺激で色素沈着を起こします。シミやソバカスと一緒で一度茶色くなると薄くするのは大変です。もちろん日焼けもNG。UVケアはしっかりと行いましょう。

≪解消法2≫ 美容外科なら根本的に完治できる!

目の下のクマに悩んでいるなら、ぜひ美容外科で治療してみましょう。皮膚を切らなくても、キレイにクマを治療することができます。痛みも傷痕も心配いらないのです。いくら良い化粧品をつかっても、クマをなかったようにするのは正直いって不可能です。20代で美容クリニックに通っている方は結構います。そして悩みを完治させた症例も沢山ありますよ。

【おすすめクリニック】銀座みゆき通り美容外科

皮膚を切らない目の下のクマ治療で有名なクリニックです。一時的にクマをごまかすのではなく、根本的な原因をなくして完治できるのでおすすめです。簡単に言うと、余分な脂肪は取り除いて、クマが目立つ溝には脂肪を注入していくという治療。ただ単に脂肪を取るだけの治療をしているところはありますが、このクリニックなら、目の下に脂肪を注入することで自然にキレイに仕上げることができます。

【所在地】
銀座本院:東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER 6階・7階
大阪院:大阪府大阪市北区芝田1-10-8 山中ビル8階

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事