2016.12.22

クマ・たるみを改善するために!気を付けたい日常生活のポイント

Healthy Eyes And Vision. Portrait Of Beautiful Happy Woman Holding Heart Shaped Hands Near Eyes. Closeup Of Smiling Girl With Healthy Skin Showing Love Sign. Eyecare. High Resolution Image

 

目の下にどんよりしたクマがあると、老け顔や疲れた顔に見えますし、何とか消し去りたいですよね。あなたが今、クマ対策としていつも気をつけていることは何ですか?

寝不足にならないようにする、化粧品を選ぶ、メイクでカバーする…。でも、なかなか良くならなくてこのサイトを見ていただいているのではないでしょうか。

このサイトで第一におすすめしているのは、即効性&完治が期待できる、美容外科を利用した治療法です。

それに加えて重要なことは、ご自身でのお手入れ&意識です。プロにクマ治療をお願いしたら、確かに大きな効果が期待でします。しかし、毎日のケアをおろそかにして、目を酷使する生活を送っていては、意味がありません。

 

そこで、このカテゴリーでは、自分でできるクマやたるみの改善方法を詳しくレクチャーいたします。当たり前のようだけど大事なポイント。それを4項目に分け、理由や方法などをお伝えします。さらに、根本的な原因を解消できる美容外科の施術もあわせてご紹介していきます。

クマ対策のベストは、「日頃のお手入れ+美容外科のクマ治療」です。まずは、下記の項目を読んでみてください。お悩みを改善するヒントになること間違いナシです。

目の下のクマを改善するための4つの注意点

closeup beautiful young   woman  face

 

特に日常生活で、目を酷使しているという心当たりがある人は、以下の4点を注意してみてください。

パソコン・スマホを長時間見ない!

仕事で毎日パソコンを見続けて目が疲れている…。気づくとスマホやタブレットを見ていて手放せない…。そんな日常を送っていると、クマにも良くありません。

ブルーライトは眼精疲労の原因になり、血行不良の原因に。質の良い睡眠が取りにくくなり、お肌の美容にも良くありません。いつもの生活を気をつけながら、今困っているクマを改善する治療もご紹介していきます。

紫外線対策を万全に!

紫外線を浴びるとメラニン色素がふえて肌が茶色く変化してしまいます。目の下の部分は、特に皮膚が薄いため、とても影響を受けやすいのです。

そのまま色素沈着を起こしたのが茶クマ。一度目立つようになってしまうと自分だけのケアでは消すことは難しいのです。紫外線の予防対策やクマの改善方法をアドバイスしていきます。

乾燥させない!

メイクを落とすために顔をゴシゴシ洗っていたり、ファンデーションのスポンジを擦るように塗っていたり・・・。目のまわりのデリケートな皮膚を傷めて、クマを自ら作り出してしまっているということも。

お肌をしっかり保湿し、乾燥を防ぐこともクマ対策には大切です。もっと詳しくお手入れについて解説していますのでぜひご覧ください。

目の周りや体を冷やさない!

目の下の毛細血管が浮き出て見えてしまい、クマが目立つことがあります。それは、血行が滞っているから。目のまわりを温め、体全体の冷えを取るのがクマ対策には有効です。ここでは、毎日行いたい冷え取りの方法とできてしまった濃いクマの治療法なども説明していきます。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事