2016.11.28

目元を可愛くする涙袋の作り方

目元を可愛くする涙袋の作り方

プチ整形でも人気のある涙袋。

美人なモデルさんや可愛い女優さんなど、今をトキメク女性芸能人にはみんな涙袋がありますよね。

今回は、そんな憧れの涙袋を作るための方法をご紹介します。

プチ整形編

Young japanese woman treating her skin in a bathroom

涙袋を本格的に作りたいという方は、プチ整形がおススメです。

方法としては、ヒアルロン酸を目の下に注入して作ります。

ヒアルロン酸の場合は、約1年間十分な効果が持続し、約2~3年かけて徐々に体内に吸収されます。

メイクテクニック編

fotolia_127468439_subscription_monthly_m

・専用ライナーで作る涙袋メイク

現在は、涙袋を作る専用のライナーが販売されています。

誰でも簡単にぷっくりとした涙袋を作れる便利アイテムです♪

 

1. 涙袋の部分に、全体的にパウダーを馴染ませます。

2. 中間部分、黒目の下あたりには重ねづけをして、立体感を出して。

3. 目頭と目じり付近はややぼかしましょう。すると、自然な仕上がりに。

(http://u-rennai.jp/contents/column/227/)

 

・コンシーラーで作る涙袋メイク

 

ファンデよりも明るい色のコンシーラーを涙袋にのせる。スティックタイプか筆タイプのコンシーラーを使うとやりやすいよ。
ファンデの色が明るすぎるとコンシーラーが目立ちにくいので、ファンデは自分の肌に合った色or少し暗めの色を使おう。 

 

スポンジや綿棒を使って、コンシーラーと肌との境目をぼかす。 

 

コンシーラーをのせたところに、ベージュやクリーム色のハイライトを重ねてFIX(=崩れないように)する。パール感のあるハイライトを使うと、自然に馴染むよ。

(http://howcollect.jp/article/4118)    

 

・アイシャドウで作る涙袋メイク

涙袋の影を入れる所の目安は、ニコッと笑ったときに少しくぼみができる部分。平筆ブラシに色をとり、中央から両サイドに広げるようにしてのせていきます。

続いて、涙袋の影が強く出ないようブラシで自然にぼかしていきます。平筆ブラシを寝かせて少しずつぼかしていくと、ムラになることなくキレイな仕上がりに。

中央から両サイドに広げるように涙袋全体にイエローゴールドのアイシャドウを。仕上げに目頭の〝く〟の字形部分に少し足すと、上まぶたとの一体感も出て◎
(https://www.biteki.com/beauty-news)

筋トレ・マッサージ編

fotolia_124587334_subscription_monthly_m

涙袋は、目の周りを取り囲む筋肉の膨らみによってできるため、下まぶたの筋トレとマッサージを重点的に行えば自力で形成することも夢ではありません。

その方法をご紹介します。

 

・筋トレ

瞳だけ上を見て、眩しい時に目を細めるようなイメージで下まぶたを引き上げましょう。
そして、下まぶたで瞬きをする筋トレも効果的!
上まぶたを指で押さえまばたきを10回してみましょう。

(http://mery.jp/53449)

 

・マッサージ

1.目の下の骨に指を当てて、上にゆっくりと持ち上げます。
2.下まぶたが膨らんだ状態で2~3秒キープします。
3.目頭から目尻まで毎日こまめに行うことで涙袋のクセがついてきます。

konatoki.com

まとめ

sporty asian woman stretching in the living room

いかがでしたか?

同じ涙袋を作るといっても、上記のように様々な方法があります。

自然な涙袋になるよう、自分に合った作り方を見つけてくださいね!

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事