2016.11.21

目元が疲れたとおもったときは〇〇を食べよう

目元が疲れたとおもったときは〇〇を食べよう

皆さんも、一度は目が疲れたなーと思うことがあると思います。

そんなときは、どうやって目を回復させていますか?

今回は、目元が疲れたときに食べるといい食べ物をご紹介します。

レバー

fotolia_121532032_subscription_monthly_m

 

意外に思われるかもしれませんが、レバーは実は目の疲れに効くのです。

栄養の宝庫とも言われるレバーは、鉄分や葉酸をはじめ、さまざまな栄養素が含まれています。

その中でも、目の疲れにはビタミンAとビタミンB2が効果を発揮します。

とくにビタミンAの効率的な摂取方法として、レバーは最適であるとされています。

モノを見る、という目の動き・仕組みをつかさどる「ロドプシン」には、ビタミンAが不可欠。

不足することにより、夜盲症を発症する可能性もあるため、レバーによって手っ取り早く、効率的に摂取する必要があるといえるでしょう。そして、レバーの中でも、鶏レバーに多く含まれるビタミンAは、脂溶性のもので、焼くと吸収し易い形になるとされています。

そこでオススメは焼き鳥として食べることですが、レバーが苦手な方でも、美味しいお酒と共に少しだけ口に入れることで、目に良い食べ物として、ビタミンAを摂取することができます。

 

<レバーを使ったレシピ>

濃い目の味付け☆レバーの甘辛煮

 

■材料(4人分)

・鶏レバー 500g

・砂糖 大さじ5

・みりん 大さじ5

・醤油 大さじ6

・酒 大さじ7

・生姜(スライスでもチューブでも)  適量

・玉ねぎ 半玉

 

■作り方

  1. 玉ねぎはスライスし、鶏レバーは一口大に切り、残っている血を包丁でこそげ落とします。
  2. 流水で2.3回洗い流したら、沸騰したお湯に2分ほど入れて臭みをとります。
  3. 新しいお鍋に調味料と生姜、玉ねぎを入れ火にかけます。ふつふつしてきたら2のレバー投入。
  4. 落としぶたをして20分ほど弱〜中火で煮込みます。途中でタレがよく絡むように何回かお鍋を揺すってください☆
  5. 落としぶたを取って火を強め、タレをとろとろ、てりてりにさせます。
    焦げないようにお鍋を揺すったり混ぜたりしてください♪

(http://cookpad.com/recipe/3839734)

うなぎ

Broiled eel served over rice a lacquered box

 

これも意外と思われるかもしれませんが、うなぎも目の疲れには効くのです。

目の疲れには、ビタミンAとアントシアニンが効きますが、それぞれ角膜保護成分を作ったり網膜の細胞になるのと、網膜の細胞の再合成を活性化し血行を促進してくれます。

特にビタミンAについては、うなぎ100gに対して5000IUも含まれているというのです。

ちなみに、この数字は栄養価の高いチーズの4倍、卵の6倍と言われています。

ビタミンAは物を見るために必要な目の粘膜だけではなく、ロドプシンを作るとされ、タンパク質の一種で、多ければ多いほど目に良いとされています。

そして、うなぎはもともと滋養強壮によい食べ物として知られていました。

土用の丑の日にうなぎを食べるのも、暑い季節にうなぎを食べてその栄養で乗り切ろうという意味合いもあります。うなぎは高級食品のため、決して安い食品ではありませんが、健康や疲労回復のためには是非とも食べたいものです。

 

<うなぎを使ったレシピ>

鰻の押し寿司

 

■材料(2人分)

・鰻 1本

・寿司飯(ID1500096参照) 1合

・白ごま 小さじ2

・もみのり 適量

・酒 大さじ1/

 

■作り方

  1. 鰻を1本そのまま使います。頭の部分だけ包丁で切り取りましょう。
  2. アルミホイルに鰻を乗せ、大さじ1/2の酒を振りかけます。
  3. ホイルに包み、魚焼きグリルか、トースターで4分蒸し焼きにします。ホイルの上を開き、もう1分焼き目を軽くつけます。
  4. 鰻の粗熱が取れるまでに寿司飯の用意をします。型より大きめにラップを敷きます。(型が無いときは牛乳パックで代用可です)
  5. 1/2合分の寿司飯を入れギュッと押します。
  6. もみのりを適量振り入れ、残りの寿司飯をその上に乗せます。
  7. 再度、ギュッと押します。
  8. 粗熱のとれた鰻を乗せたらそのまま30分ほど置きます。ラップの上から切り分けるとご飯がばらけません。
  9. お好みで山椒を少し振ったり、鰻のたれをかけたりしてお召し上がりください。

(http://cookpad.com/recipe/1500204)

トマト

fotolia_107631087_subscription_monthly_m

 

トマトは「世界で最も人気のある野菜」と言われています。

そんなトマトが目の疲れにもいいと言われているんです。

みなさん、ブルーベリーを一番に思い浮かべると思いますが、トマトに含まれる「ベータ・カロテン」「ルテイン」は白内障の予防に、「ビタミンA」は視力低下の予防に、それぞれ効果があります。

さらには、リコピンも多く含まれており、1日単位で見ればトマトジュースからでも充分な量のリコピンを摂取できます。

しかし、その量を毎日続けてとるのは飽きが来たり、経済的にも結構大変です。

リコピンのサプリを毎日摂るようにして、日常生活の中でトマトやトマトジュースをプラスするのがオススメです。

 

<トマトを使ったレシピ>

簡単に一品!トマトと胡瓜のさっぱりサラダ

 

■材料(2人分)

・トマト 1個

・胡瓜 1本

 

☆中華ダレ

・醤油 大さじ1

・米酢 小さじ1

・砂糖 小さじ2

・ごま油 小さじ1と1/2

・白ごま 適量

 

■作り方

  1. トマトは乱切りに、きゅうりは斜めにスライスする。
  2. ボールに☆の調味料を混ぜ、中華ダレを作る。
  3. 2のボウルにきっておいたトマトときゅうりを入れて、トマトの形を崩さないようによく絡める。
  4. 冷蔵庫で30分冷やして、再度タレをよく絡めたら出来上がり〜!

(http://cookpad.com/recipe/2664095)

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事