2016.11.11

目に良い食べ物を使ったアレンジ料理

目に良い食べ物を使ったアレンジ料理

最近、目の疲れが溜まってて…という方は多いのではないでしょうか。

インターネットの普及に伴い、プライベートではスマホでネットサーフィン、仕事ではパソコンをポチポチして、一昔前よりも目をつかうことが増えましたよね。

たまには目を休ませなければ…と思いつつ、実際には何もできていないという方、結構いるのでは?

今回は、そんな方たちのために、目に良い食べ物を使った料理を集めてみました。

簡単!トースターで焼きナス☆

fotolia_117726394_subscription_monthly_m

■材料

・ナス 好きなだけ

・生姜 少々

・かつお節 少々

・しょうゆ(めんつゆ) 好きなだけ

 

■作り方

1.ガクや上の部分を切り落とし、包丁で一本に対して6.7本の切れ目を入れる。

アルミを引いて並べてトースターに入れる。

2.10分焼いて、ひっくり返して裏側をまた10分焼く。またひっくり返してまた10分焼く。

3.焼けたらしばらく放置。熱いと火傷まします(笑)冷めてからでも綺麗に剥けます。

4.薄皮だけ綺麗に剥けたら、繊維に沿って手でさきます。手でさいたほうが醤油が馴染みます。ナスが長い時は半分に切ってください。

http://cookpad.com/recipe/2748481

 

茄子は高血圧、動脈硬化、眼精疲労に効果があるそうです。

忙しい方でも、トースターなら簡単に作ることができちゃいますね!

第6回眼精疲労 小豆のスープ

fotolia_120434660_subscription_monthly_m

■材料

・かぼちゃ(薄切り) 4枚(1/4個)

・小豆 1カップ

・玉ねぎ 1/4個

・昆布(切手大) 1枚

・自然塩 小さじ1

・醤油 大さじ2

・天然水 3カップ+適宜

 

■作り方

1.小豆は天然水3カップで6時間程浸水しておく。

玉ねぎは1㎝のさいの目に切る。

2.鍋に玉ねぎ、少量の水を入れて透き通るまで炒め、水に浸水させておいた小豆を水ごと入れる。

3.水分が足りないようなら小豆がかぶる程度の水を加え、中火で沸騰させたのち、小豆が柔らかくなるまで煮る。

4.塩を加えて数分煮て、醤油を加えてなじませる。ミキサーでなめらかにする。

5.器に<4>をいれ、蒸し器で蒸したかぼちゃを飾っていただく。

http://cookpad.com/recipe/2748481

 

2001年よりマドンナのパーソナルシェフを務めるほか、ゴア元副大統領やブラッド・ピットなど、多くのセレブに食事を提供している西邨マユミさんのレシピです。

眼精疲労にブルーベリーグリーンスムージー

fotolia_115654453_subscription_monthly_m

■材料

・モロヘイヤ 1パック

・ブルーベリー 100g

・バナナ 1本

・水 150cc

・レモン果汁 少し

 

■作り方

1.材料を適当な大きさに切ってミキサーに入れ、なめらかになるまでよくまわします。

果物は冷凍してあると冷んやりとできます。玉ねぎは1㎝のさいの目に切る。

2.レモン果汁はできあがりにかけても大丈夫です。少しでかなり味が変わり美味しくなるのでぜひ!

http://cookpad.com/recipe/2781501

 

モロヘイヤのビタミンA とブルーベリーのアントシアニンが眼精疲労に効くそうです。

 

 

いかがでしたか?

スマホやパソコンを使うようになって、視力が下がったという方もいるのではないでしょうか。

視力は一度下がったらなかなか戻らないので、定期的に目のリフレッシュをしてあげたいですよね。

そんなときには、ぜひ目の疲れを回復させるような食事を意識してみてはいかがでしょうか。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事