• HOME>
  • メイク >
  • 腫れぼったい目は、超マイナスポイント!目の周りの改善法と対策をしっかり学ぼう!

2016.10.30

腫れぼったい目は、超マイナスポイント!目の周りの改善法と対策をしっかり学ぼう!

腫れぼったい目は、超マイナスポイント!目の周りの改善法と対策をしっかり学ぼう!

「朝起きたら目元が腫れてパンパン…」という経験は誰しもがしたことがあると思います。

そんな腫れぼったい目は、目つきが悪い印象や暗い印象を与えてしまいます。

いつもあっている友人なら笑って過ごせるかもしれませんが、大切な面接や大事なデートの日にそんな腫れぼったい目になってしまっては、マイナスポイントになってしまいます。

今回は、そうならないためにも、腫れぼったい目の対策についてご紹介します。

♦腫れぼったい目になる理由は?

fotolia_123566646_subscription_monthly_m

 

腫れぼったい目の一番の原因は「むくみ」です。

顔や目元の皮膚は非常に薄いため、むくみの症状が強くでやすいと言われています。

目元がむくんでしまう理由はいくつかあります。

 

  • まぶたをこする

泣いた翌日によく目がむくんでいるように見えますが、この場合も実は泣いたからではなく、泣いているときに目をこすっているのが原因です。

こすることによってまぶたの下にある毛細血管を傷つけてしまい、傷ついた毛細血管から組織液が染み出してきてしまうのです。

この組織駅がまぶたの中に溜まると、目がむくんでしまいます。

目に異物が入ったときやかゆいときもこすってしまいがちですが、そんなときは目を抑えるようにしてみましょう。

 

  • 不十分なメイク落とし

アイメイクを落とさずに眠ってしまうと皮膚が炎症反応を起こしてしまいます。

 

  • 枕が低い

枕が低かったり枕を使わなかったりすると、頭の位置が心臓よりも低くなり、多くの血液が顔に流れ込むことになります。

そうすると、血液が顔に長時間溜まり続けることになり、むくみの原因になるのです。

 

  • お酒の飲みすぎ

アルコールを摂取するとホルモンバランスが崩れ、尿の排出量がコントロールできなくなります。
この時、過剰に水分を体から排出してしまうので、一時的に軽い脱水状態になってしまい、、脳は無理やり水分を調整します。
そして無理に絞り出された水分によって、腫れぼったい目になってしまうのです。

♦腫れぼったい目にならないようにする対策とは?

 

  • 有酸素運動をする

適度な運動は顔のむくみ解消に効果を発揮します。

おススメは、踏み台昇降。

踏み台を登ったり降りたりを繰り返すことで、ウォーキングのような有酸素運動よりも下半身の筋肉を多く使うのでよりむくみ解消につながります。

 

  • 塩分を控える

インスタント商品やラーメンの汁など、塩分の濃いものは控えるようにしましょう。

 

  • アイメイクをきちんと落とす

アイメイクをしたまま寝てしまうと、それだけでも目に負担がかかってしまいますし、寝ている間に目をこすってしまうこともあります。

そうすると、化粧が目の中に入ってしまい、よけい炎症を起こしやすくしてしまいます。

帰ってきてからメイクを落とすのは面倒臭いですが、次の日のことを考えて、きちんとメイクを落としましょう。

 

  • お酒を飲みすぎたときは水を大量に飲む

体内に不足している水分を補ってあげることで代謝を良くしてあげましょう。

水分の循環を促すことで、体が通常の状態に戻ります。

♦腫れぼったい目になってしまったら

fotolia_111585801_subscription_monthly_m

  • 蒸しタオルと冷たいタオルを交互にあてる

まぶたが腫れぼったくなると、とりあえず冷やして治すと誤解されているようですが冷やすだけではむくみは収まりません。

じっくり温めてあげること、温めてあげた後は、冷やしてあげること、これを繰り返すことによって、目元の血流を良くすることができます。

そうすると、溜まってしまっている不必要な水分を排出することができるので、むくみの解消に繋がります。

 

  • 目元をマッサージ

 

1.目を閉じ、目頭から目尻にむかって眉毛の下あたりを指で押さえて指圧します

2.目尻までいったらこめかみまで指圧を続けこめかみをしばらく指圧します

3.目の下も同じように目頭から目尻にむかって軽く指圧しなが動かします

4.目尻まで来たらこめかみまで指圧を続けてしばらくこめかみを指圧します

(参考)

 

  • 牛乳とお水でコットンパフ

冷えた牛乳と水を混ぜた液体にコットン・パフを浸します。目を閉じてまぶたの上に置き、そのまま数分間置いておくと炎症が治まります。

参考

 

  • コットンアイパック

コットンに冷たい水、または冷たい化粧水をしみ込ませて、ソファなどに寝そべりながら目の上にコットンを置きましょう。
5〜6分で効果がありますが、時間があればしばらく置いておくとさらにまぶたの腫れを治すのに効果的です。

参考

 

 

  • メイクでごまかす

・黄色系のメイク下地を使用する▶︎かっこ悪さの元である赤みをカバー。
・ビューラー&マスカラでまつ毛を強調▶︎ばてっとした目を目立たなくする
・ハイライトを駆使して顔に凹凸を作る▶︎膨らんだ目周りをぼかす効果がある

参考

まとめ

いかがでしたか?

まぶたの腫れは時間と共に引いていきますが、早くまぶたの腫れは抑えたいですよね。

痛いわけではないですが、仕事で商談があったり勝負デートが控えていたりすると、テンションを下げてしまう要因にもなる目のむくみ。

ぜひ、上記を参考に、目のむくみをやつけてしまいましょうね!

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事