2016.9.29

目元くま対策トレーニング

目元くまを改善するための方法に関して

fotolia_70650365_subscription_monthly_m

目の下のくまは相手から疲れた印象や老けた印象を持たれてしまいやすいですから、特に女性は悩まされているという方が多いかもしれません。
目の下のくまには肌のむくみ・たるみ・小じわなどが原因でできる「黒くま」であったり、血行不良や冷えが原因でできる「青くま」という様に目の下のくまにも種類があるのですが、最も有効な対処法と言われているのは目の周辺の血行を良くしたり、顔のむくみを解消させる事です。

 

ですので、目の下のくまの改善法としては目の周辺の血行を防ぐための生活習慣の見直しが重要になります。
身体の冷えを防ぐためにもお風呂にゆっくり浸かって身体を温める事で血行を促すのが効果的ですし、
運動不足は全身に血液を運ぶ機能が衰えてしまいますから定期的に軽い運動をする事も大切です。

 

また目元の血行を直接的に促すために冷蔵庫で事前に冷やしておいたスプーンを優しく目の下のくまが気になる部分にあてるという方法も効果的です。
他にも肌を傷つけないように指の腹でまぶたの周辺を円を描くように優しくマッサージするのも血行を促して目の下のくまの改善に効果的ですし、美容成分が配合された目元専用のパックを使うのも効果的でしょう。

 

こういったケアで目元のたるみや血行不良を解消する事で目元くまの改善ができるでしょう。

目元くま対策として有効なトレーニング

fotolia_96833543_subscription_monthly_m

目の下のくま対策として目の周辺のたるみや血行不良を解消する事は重要ですが、アンチエイジング効果も期待できる目元くま(クマ)対策トレーニングを行う事で予防改善を図るのも有効です。

 

このトレーニングでは目の開閉を行うために働いている眼りん筋のトレーニングを行う事で目元のたるみやくぼみの予防改善ができます。
眼りん筋のトレーニング方法としてはまず簡単なのは目を上下左右のどこかに向けてゆっくりまばたきを10回程度繰り返すトレーニングです。

 

また少し負荷のあるトレーニングでは目を少し細めた状態で指を使って目尻上の方向へ引っ張り上げて、その状態でゆっくり目を閉じるという動作を10回程度繰り返すという方法もあります。

 

違うパターンでは下まぶたと頬をつまむような感じで指で引き下げ、その状態のまま目をゆっくりと閉じるという動作を10回程度繰り返すのも効果的です。
さらに目尻を耳がある方に指で外側に引っ張った状態を保ったままで前述した動作を繰り返すのも効果的です。

 

眼りん筋をトレーニングする事で目元のたるみや血行を解消して目の下のくまの予防対策ができるだけではなく、視力の老化を防いだり筋肉の衰えでまぶたが下がってきて目が細くなってしまうのを防ぐ効果も期待できるので目元のアンチエイジングにもつながります。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事