2016.9.29

目元くまとクレンジングの関係

クレンジングがくまの原因になる理由

young asian doctor on blue background

目のくまにはクレンジングも関係しています。目元の皮膚は薄く、デリケートです。ダメージを受けやすいですから、ゴシゴシこすったりするとダメージを受けてしまいます。

 

クレンジングをするときには、ついつい目元を擦ってしまう方がいらっしゃいますので、目のくまと関係してしまうことがあります。デリケートでダメージを受けやすい部分ですから、丁寧に扱うことが必要です。

茶グマでお悩みの方は、擦りすぎによってメラニン色素の沈着を招いている可能性があります。

色素沈着による目のくまは、シミやくすみと同じようなもので、目を擦ったりする癖のある方にも出来やすいくまです。

 

また、アイメイクの汚れが十分に落とせていないことが関係している場合もあります。アイメイクは落としにくいですら、落とせているつもりになっている方もいらっしゃいます。

 

毎日のことですから落としきれていない汚れは蓄積して、くまの原因になってしまいます。色素沈着をおこしたあとに改善しようと思っても大変ですから作らないことが大切です。

目のくまを作りたくないのであれば、デリケートな目元を刺激しないように優しく汚れを落とすことや、汚れを残さないように丁寧に落とすことを心掛けましょう。

目のくまを作らないクレンジング方法

目のくまを作らないクレンジング方法としては、擦らないことや、汚れを確実に落とすことが大切です。
目元はデリケートですから、なるべく刺激しないように、汚れだけを落とすように心掛けましょう。

 

目元はアイメイク専用のクレンジングを使用しましょう。
全体のメイクを落とすクレンジングで目元も落とそうと思うとゴシゴシと擦るような落とし方になってしまいますし、十分に汚れを落とすことができないからです。

 

アイシャドウやマスカラは落としにくいですから、専用のリムーバーを使いましょう。
リムーバーはコットンに含ませて使いますが、リムーバーが少なすぎると擦ってしまうことになりますので、適量を使うようにしましょう。
コットンをまぶたの上にのせて、メイクを浮き上がらせてコットンに写し取るようなイメージで落としていきます。

 

マスカラを落とすときには、まつげをコットンではさむような感じで落としていきます。

 

アイラインを落とすときには、リムーバーを綿棒に含ませるなどして落とすと目元を刺激せずに落とすことができます。

 

アイシャドウやアイライン、マスカラなどは落ちにくくできていますので、キチンと落とせているかどうかを鏡で見ながら落とすとよいです。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事