2016.9.29

目の下の茶くま青くまの原因と解消法

青くまの原因と解消法

fotolia_118795570_subscription_monthly_m

目の下のくまで、青色っぽいものができてしまったら、その原因は睡眠不足などによって血流が悪くうっ血してしまっていることで起こっています。
美容的な面でもくまができてしまいますと、とても目立ちますし、原因として睡眠不足が考えられますので、健康のため、美容のために睡眠はきちんととるようにしましょう。

 

目の下のくまが茶色い場合には、ツボ押しがとても効果的です。うっ血している状態に指を当てて数秒間後に一気に放す感じで指をはなします。
そうすることで、血流がよくなり、目の下のくまが解消されてくるでしょう。
目の下というのは、皮膚がとても薄い状態になっていますので、うっけつ状態しているようでしたら、それが見えてしまいます。

 

原因が睡眠不足の場合には、できるだけ22時から2時の間のゴールデンタイムに深い眠りについていることが理想的です。

 

勿論睡眠不足は、身体の様々なところに影響してしまいます。美容と健康のためにも、質の良い睡眠をとるために、ベッドや布団の状態、枕の高さ、室温調整、などをもう一度確認されてみると良いでしょう。

茶色いくまの原因と対策

目の下のくまで、茶色のものができてしまっている場合には、色素沈着していることが原因だと言えます。

 

くまには青、茶色と大きく分けて2種類ありますが、茶色の方は色素沈着が影響しています。
特にアイメイクやマスカラの落し残しによって、その色が皮膚に残ってしまうとこういったクマができてしまうことがあります。
美容的な面でも、くまができてしまうことで印象がとてもかわってしまいますし、メイクでどうにか隠したいものです。

 

しかし、もし隠せないぐらい濃くなってしまっているようでしたら、色素沈着が原因の茶色いくまでしたら、美容皮膚科や美容外科クリニックでレーザーを行うことができます。
レーザーをすることで、くまが改善されることがありますので、とてもおすすめです。

 

やはり、できれば予防をしたいものです。
目の下は皮膚がとても薄いところですので、色素が残りやすいですし、くまができてしまいますと、大変目立ってしまいます。
茶色いくまを予防するのであれば、やはりクレンジングをしっかりするということになります。
メイクの落し残しがないようにすれば、それだけくまができるリスクもへらすことができるのです。
青くまは睡眠、茶色のくまは、クレンジングをしっかりです。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事