2016.9.29

目の下のたるみのと涙袋の関係について

涙袋が目の下のたるみを引き起こす

fotolia_56499353_subscription_monthly_m

現在ぷっくりとした目を縁どる膨らみが目を立体的に可愛く見せると
アイメイクのポイントになっています。
このパーツは涙袋とも言われ、生まれつきふっくらと目立つ人もいれば、
薄く目立たない人もいます。
芸能人もこのパーツをハイライトで演出したり、ラメを乗せたり、
またヒアルロン酸注入をして強調するなどしているため、

 

一般の方にもこのパーツを強調するメイクが流行しています。
このパーツ専用のペンシルやチップなどのメイク道具も登場してもり上がりを見せていますが、実はこの涙袋は年齢を重ねるごとに目の下のたるみの原因になってしまうのです。

 

目の下のたるみは老けて見えてしまったり、不摂生に見えてしまうなど
いい印象を与えない肌トラブルです。

 

もともとこのパーツは皮膚が大変薄いところに、脂肪がついて涙袋を形成しています。
若い頃このパーツがふっくらと大きな方はこうした目の下のたるみが起こりやすいので注意が必要です。

 

こうしてたるんでしまっては、コスメやマッサージでのセルフケアでは
なかなか解消できないのが困るところです。
セルフケアで解消できないこの肌トラブルの最も効果的な改善方法は
美容整形の経結膜脱脂法など目の下の余分な脂肪を取り去る手術です。

美容外科で目元をスッキリたるみも改善

fotolia_80202108_subscription_monthly_m

ふっくらとした魅力的な涙袋を持つ方ほど、
年齢を重ねていくことでそのパーツの脂肪が下垂していき、
目の下のたるみとなって現れてしまいます。

 

セルフケアではなかなか解消できないこの肌トラブルを
すっきりと解消してくれるのが美容外科での経結膜脱脂法です。
美容外科はメスを使うので傷が残るのが心配という方もいらっしゃいますが、
この方法では下まぶたの裏側からの手術ですので、
涙袋が下垂表側から傷が見えることがないので安心して手術を受けることができます。

しかも小さな穴から効果的に目の下のたるみの原因となる脂肪を取り去るので、体に対するダメージも少なく済みます。
しかもこうして経結膜脱脂法で目の下のたるみを解消すると、
再びくっきりとした涙袋が現れるケースもあります。
経結膜脱脂法でたるみを取り去ることで、再び魅力的な涙袋を形成できるケースもあるのです。

 

また経結膜脱脂法でたるみを取り去ったあとに、
目の下にヒアルロン酸を注入して新たに涙袋を形成される方もいらっしゃいますし、目元のイメージをスッキリと若々しく変えていくことができるのです。

 

入院を伴うような大掛かりな手術ではなくても、このように手軽な手術で
気になる目元のたるみを解消して若々しい印象を演出することができます。

 

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事