2016.10.5

目の下のたるみと頭皮の関係について

目の下のたるみの原因は顔だけではない

fotolia_81689405_subscription_monthly_m

目の下のたるみは人を疲れさせてみせてしまったり、
年齢を上に見せてしまう困った肌トラブルです。

 

こうした目の下のたるみに黒っぽくクマがついてしまうととても老けて見えてしまったり、不摂生を疑われてしまうこともあります。
こうした目の下のたるみを解消しようと一生懸命アイクリームを使ったり、
フェイスマッサージをしてコスメでのケアを取り入れる方がいますが、
実はこうした顔へのコスメケアだけではたるみは解消されません。
目の下の皮膚は大変薄く、頬の皮膚の1/6しかありませんので
逆に目の周りを傷つけてたるみを促進してしまうことにもなりかねません。

 

実は、顔のたるみ解消の原因の一つが頭皮にあります。
もともとこの頭皮は毛髪が生えているので忘れてしまいがちですが、
顔の皮膚と一枚で繋がっています。
人はコスメやマッサージでのフェイシャルケアは十分行っても、
頭皮ケアはおざなりにしているケースが大変多いのです。
環境が悪くなってしまうと頭皮は冷え切ってしまい、たるんでいきます。
そのたるみが顔にも影響してしまうので、
いくらフェイスケアをしても目の下のたるみ解消をすることができないのです。

 

目の周りのたるみをケアするためには頭の皮膚ケアも欠かせない条件となってきます。

頭皮を守るケアで目のたるみにも効果

fotolia_66602872_subscription_monthly_m

フェイスマッサージで血行を良くしてリフトアップを目指すように
頭の皮膚も血行をよくすることで引き締めてリフトアップすることができます。

 

ケアが行き届かない頭の皮膚は冷たく冷え切って硬くなってしまいますが、
そうするとたるみの原因となってしまうばかりでなく、
毛根に栄養が行き届かずに脱毛や薄毛の原因にもなってしまうのです。

 

まず洗髪をした後にはそのままにせずに必ずドライヤーで乾かすことが基本です。
頭の皮膚が濡れたままだと冷たく冷えてしまい血行が悪くなってしまいます。しっかりタオルドライした後にドライヤーで乾かしましょう。

またフェイスケアをする際に、一緒に頭皮もスキンケアをしましょう。

ヘッド専用のローションなら地肌を清潔に保ちながら
育毛効果や髪を艶やかにする効果も期待できますが、
手元になければ、フェイス用の化粧水でも構いません。
保湿効果のあるローションを頭にふりかけ指の腹で揉みほぐすようにマッサージしましょう。

 

このように地肌の乾燥を防ぎ、血行を促進することでハリが生まれ、
フェイスリフト効果も期待することができます。
シャンプーなどを選ぶ際にも地肌への健康に気遣ったアミノ酸系シャンプーやノンシリコンのものにすることで、頭皮環境を改善することができます。

関連記事