2016.9.29

目の下のくまを予防する方法

目の下くまの原因は血流の悪化

fotolia_83160749_subscription_monthly_m

目のくまができてしまうと、老けて見えてしまったり、不摂生に見えてしまうなど、見かけで損してしまうことが多くあります。

もともと目の下の皮膚は大変薄く、毎日数万回行う瞬きやそのほか様々なトラブルのためにくすんでしまうのです。

現代社会はモニターに囲まれた生活です。

ビジネスタイムにパソコンの画面を見つめ、プライベートタイムにはスマートフォンを見つめ、これでは目が疲れてしまい、同様に目元もくすんでクマとなってしまうでしょう。

さらにストレスや睡眠不足などの疲れは目の下のくまをよりひどくしてしまうことがあります。

睡眠不足になると血流が不足して、新鮮な酸素を運ぶ動脈が滞り、静脈が目立ってしまうことになります。

静脈は老廃物や二酸化炭素を運んでいるので、色がくすんで見えてしまい、くまの原因となってしまいます。

また疲れにより発生する活性酸素もくまに影響してしまうのです。

活性酸素が発生すると周りの細胞を傷つけて、メラノサイトを刺激してメラニンが出てしまうので着色して目のくまができてしまいます。

こうした目元のトラブルを予防するためには目元の血行を促進して目に優しい生活を心がける必要があります。

そのためにできるセルフケアを紹介いたします。

目の下のくま予防は血行促進を

fotolia_96198847_subscription_monthly_m

目の下のくま予防に欠かせないポイントは血行促進です。

まず最も手軽な血行促進は入浴です。

湯船にしっかり浸かることで体全体の血行をアップして首から上、目の周りも活性化させることができます。

毎日の入浴はくま予防にも効果的です。

また会社などのオンタイムにもできるケアがホットタオルや目元専用の温めパックです。

ホットタオルを目に乗せてじんわりと温めることで、血行を促進してくすみをスッキリと取り去ることができるのです。

同じくツボ押しもビジネスタイムにできる気軽な血行促進です。

目の内側の際にあるせいりょうというツボやこめかみなどをじんわりとプッシュすることで手軽に血行をよくすることができます。

さらにプライベートタイムのスキンケアの際にも目元の血行促進が可能です。

オールインワンゲルやクリームを手に取り、指の腹でくるくると優しく目元をマッサージしましょう。

血行とともにリンパの流れを促進して、目元のくまやくすみをスッキリと解消することができます。

必ず指の腹を使い、摩擦を軽くするゲルやクリームを使ってマッサージするようにするのがポイントです。

このような方法を日常的に取り入れることで目の下のくまを解消して若々しく維持することができます。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事