2016.9.29

目の下のくまを解消するツボ

目の下のくまが出来る原因

fotolia_52156852_subscription_monthly_m

目の下のくまが出来る原因は様々なものがありますが、くまの種類によって異なります。

くまには主に以下の3種類があります。黒っぽいくまが出来る原因は、主に加齢によって皮膚がたるんでしまうことによって起こります。

皮膚がたるむことで目の下にシワが出来、それが影になって黒く見えるのです。

肌を引っ張ったらくまが見えなくなる場合はこのタイプです。

また過度なダイエットや睡眠不足などで肌の状態が悪い時も、黒くまは出来やすくなります。

青っぽいくまの場合は、一般的によく知られている睡眠不足や眼精疲労、ストレスなどが原因です。

目の周辺の皮膚は非常に薄く、せいぜい0.6ミリ程度しかありません。

そのためストレスなどで血行不良が起こると、うっ血した静脈が透けて見えるのです。

茶色っぽいくまは女性に多いタイプです。

アイメイクをきちんと落としきれていなかったりすると、その部分に紫外線を浴びることで肌を酸化させ、色素沈着を起こしてしまうのです。

また頻繁に目元を擦ってしまう人も、摩擦による刺激で色素沈着を起こすことがありますので、注意が必要です。

ご自分の目の下のくまがどのタイプに当てはまるのか把握し、それに合った適切なケアをしていくことが大切です。

ツボ押しで目の下のくまを解消

fotolia_105128897_subscription_monthly_m

目の下のくまを解消するためには様々な方法がありますが、どこでも手軽にケア出来るツボ押しはとてもおすすめです。

「晴明」という目頭と鼻の根元の間にあるくぼみにあるツボを人差し指でゆっくりと優しく押してあげましょう。

このツボは眼精疲労に効果的だと言われています。

あまり強い力を加えず、気持ちいい程度の軽さで押すのがポイントです。

瞳子膠(どうしりょう)は目尻からほんの少し骨側のくぼみ部分にあるツボです。

これは眼精疲労や目尻のシワにも効果的です。

太陽はこめかみのくぼんだ所にあります。

血行を促進させ、頭痛にも効果があります。

中指でゆっくりと押してあげましょう。

これらのツボを数回ずつゆっくりと繰り返し押してあげることで手軽にくまのケアをすることが出来ます。

また体の中の老廃物が溜まってしまうとくまが出来やすくなってしまいます。

耳の後ろ部分のくぼみにある耳介後(じかいこう)というツボはリンパの流れを良くし、老廃物が排出されやすくなります。

首筋や鎖骨部分を優しくマッサージしてあげるのも効果的です。

普段の生活の中では、アイメイクは丁寧に落とすようにし、出来るだけ目元に

強い刺激を与えないように心がけることが大切です。

しっかりと保湿をしてあげるのも肌のたるみを抑え、黒くまには効果的です。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事