2016.9.29

目の下のくまの種類と見分け方

みんな知らない、クマの種類について

fotolia_46925350_subscription_monthly_m

紫クマ
これはその名前の通り紫色に見えるクマです。
血行が悪くなることでクマが発生する周辺の静脈が鬱滞して、
結果的に紫色のクマができるわけです。
とにかく血行が悪いことが原因の場合もあるため、
マッサージやツボを押したりして血行を促進させましょう。
例えば、仕事がとても忙しくて疲れがたまっている場合や、
冷えの症状が出てきた場合には要注意です。
出来るだけ早く対策をして紫クマの出現を抑えたいですね。
また、紫クマは色白の人がなることが多く、恐らく色が白いため目立つのでしょう。
血行不良によるものだと治しやすいかもしれませんが、
色白のケースや肌やせのケースだと少々困難になるでしょう。

 

茶クマ

茶クマは色素がその部分で沈着を起こしていることが原因でできます。
目の周りを触りすぎて刺激を与えてしまうために起こることもありますが、
化粧落としを行う際に落とし切れていなくて、
それが酸化してしまいその後紫外線が当たってクマになるケースがあります。
これを治していくために重要なのは、まずは極力触らないということです。
必要があって触る場合は優しく触ると良いでしょう。
だからといって化粧落としが中途半端になってはいけませんので、
優しくしっかりと行いましょう。
また保湿をすることも推奨されています。

 

 

・影クマ
別名黒クマとも言われるもので、たるみが生じている証拠でもあります。
年齢を重ねることで目の下にたるみができて影ができ、クマになるということでしょう。
影クマは年齢だけの問題ではなく、例えばダイエットをしても起こることがあります。
ただ普通の人が行う普通のダイエットであれば問題ないはずです。
影クマを改善するためには潤いを与えるのがおすすめです。
さらに表情筋を鍛えることが有効な場合もあります。

クマの種類を見極めて対策をしてみる

fotolia_81353242_subscription_monthly_m

クマができてしまっても多くの人が、
上記のどの種類に当てはまるのかわかっていないはずです。

もしこれを知ることができたら効率良く対策をすることが可能でしょう。

そのためにはクマができてしまう前からきちんと種類の勉強をしておく必要があります。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事


この記事と同じカテゴリの記事