2016.9.29

毛細血管の老化とくまの関係

毛細血管が老化すると

 

human body and circulatory system, vector diagram

毛細血管は全身の細胞に栄養素と酸素を届け、
同時に二酸化炭素や老廃物を回収するという重要な役割を担っている血管です。

そのため、血管の数が減少したり損傷したりすると、
十分な養分が全身に行きわたらず、細胞が活発に活動することができなくなります。

また、二酸化炭素や老廃物が回収されないことで、活性酸素などが留まってしまい、肌老化や吹き出物の原因となります。

血管が三層構造からなる動脈や静脈とは違い、糸のように細い血管が毛細血管です。

毛細血管は内皮細胞と非常に薄い壁細胞の二層構造のため、
ちょっとしたことでも傷付きやすく、また老化もしやすくなっています。

ちなみに血管の老化には二種類あり、血管の数が減少する場合と血管が損傷する場合で、どちらも目の下のくまの原因となります。

血管の数が減少する要因は加齢にあり、
20代をピークとして60代になるとおよそ40%も減少してしまいます。

加齢により血流が悪くなると赤血球が硬くなって血管に詰まり、
すぐに壊死して数が減っていきます。

また、加齢によって血管が非常にもろくなり、
特に40代後半になると血管の外壁がもろくなり、傷ついたところから、

栄養分などが漏れてしまい十分に全身に行きわたらない状態となります。

こうした血管の老化によって、目の下のくまが出来るのです。

目の下のくまをとる毛細血管の解消法

Cinnamon

目の下のくまをとるためには、毛細血管の解消法を身に付けることが大切です。

その前に目の下のくまがこの血管の老化からきているものかを確かめる、
老化チェックを行いましょう。

耳を上下に折り曲げてみて、痛みを感じる場合にはこの血管が切れているか、
傷ついている状態といえます。

このような状態の場合には、毛細血管を改善して、血管を復活させましょう。

血管は傷付きやすいですが修復することも可能で改善には栄養・運動・お風呂・美容などがあります。

栄養では、特にシナモンや亜鉛が効果的です。

シナモンには血管を修復させる作用があり、
また亜鉛には血管の内皮細胞層の修復を促進させる作用があり、
さらに血管壁に付着したコレステロールを減らす働きもします。

毛細血管の改善法

 

fotolia_65582443_s

運動では、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動が効果的です。

また仰向けに寝て両手足を垂直に上げた状態でブルブルと揺らす、
ブルブル運動も効果的です。

お風呂は湯船につかり身体の芯まで温まることで血流を良くし、
さらに炭酸泉には血流改善効果があると言われています。

アロマなどの美容でも血管を強化することが可能で、
ローズやカモミールオイルなども効果があるとされています。

どの方法も簡単に行えるものばかりなので、
このような方法を取り入れて毛細血管の改善に努めて目の下のくまを消し去りましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事