2016.9.29

鼻づまりとくまの関係

鼻詰まりは目の下のくまとも関係あり

fotolia_73045337_subscription_monthly_m

目の下のくまは一般的に血行不良や色素沈着、寝不足などが原因といわれています。

しかし、鼻詰まりが目の下のくまと関係しているケースもあるようです。

鼻詰まりだと鼻のまわりの静脈が膨張しています。

そのため鼻から目の下の肌の色が黒く濃く見えることが、くまの原因となっています。

このように鼻詰まりが原因のくまの場合、睡眠を十分取ったり、血流をアップさせても、目の下のくまは改善されることはありません。

この場合は鼻詰まりを改善することで、目の下のくまを改善が可能です。

鼻詰まりの原因を特定しましょう

まずは、なぜ鼻詰まりになったのか原因を調べましょう。

風邪やアレルギー性鼻炎、急性鼻炎などが一般的ですが、

副鼻腔炎、鼻中隔弯曲症、鼻ポリープ、アデノイドの腫れなども考えられます。

原因によってはいくら鼻うがいをしても、鼻づまりもよくならない事もあります。

そのため、まずは専門医の診察を受けることがおすすめです。

鼻うがいで目の下のくま解消

fotolia_114583981_subscription_monthly_m

風邪をひいていて鼻詰まりとなっていて、目の下にくまがある場合は鼻うがいが有効です。

鼻が詰まっていると目元より鼻の部分へと流れる静脈は通常よりも拡張しています。

その拡張により周辺の肌は濃く、黒ずんで見えるのです。

鼻うがいの方法は非常に簡単です。まず食塩水を用意します。塩は1%の濃度が適切です。ぬるま湯200mlを用意し2gの塩を入れて食塩水を作ってください。

紙コップなどに食塩水を移し、片方の鼻の穴を指で押さえ、
開いている鼻の穴から食塩水を流し込み、鼻から吸うように入れます。

そして鼻から食塩水を出します。馴れてきたら、口から吐けるようになります。

鼻うがいが終了したら残っている食塩水を排出するために、何度か前屈をしましょう。

食塩水を作るのが面倒な場合はドラッグストアなどで販売している生理食塩水スプレーを使ってもよいでしょう。

これらを用いて鼻腔(鼻の穴内部)を洗浄しますが、鼻の中をキレイに洗うことにより、鼻詰まりは改善されていきます。

type_image01

鼻詰まりが治ることで少しずつ目の下のくまも解消していきます。

鼻うがいは、最初は上手くできない人がほとんどかと思いますが、
毎日行うことで馴れて上手くなっていきますので継続しましょう。

鼻うがいは、花粉やホコリなどアレルギーの原因を排出する効果もあり、
美容と健康にもおすすめです。

 

くまは老若男女問わず多くの人が抱える悩みの一つでもあります。

よく眠っても、目の下のくまが薄くならない場合、
鼻が詰まっていることが関係しているのかもしれません。

目の下のくまがいつもよりも濃く感じるという場合は、
鼻うがいを試してみる価値は大いにあるでしょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事