2016.9.29

女性ホルモンとくまの関係

女性ホルモンの減少による目の下のくま

fotolia_91044400_subscription_monthly_m

女性ホルモンの減少は目の下のくまと関係があります。

なぜなら、くまは血行不良でできやすくなりますが、
女性ホルモンには血流を良くする作用があるからです。

その女性ホルモンが減ってしまうことによって、血流が悪化し、
目の下のくまだけでなく、疲労や冷え性など多くの体調不良を引き起こす原因となります。

女性ホルモンにはエストロゲンと黄体ホルモンの二種類がありますが、
目の下のくまと関係があるのはエストロゲンです。

エストロゲン分泌・血流アップ

・くまの予防・改善。
・シワやシミができにくい
・髪のハリとつやアップ
・ダイエットをサポート

その他、美容効果がいっぱい!!

エストロゲンには様々な働きがあり、乳房の発達、
生理の発生など女性特有の働きに関係している部分もありますが、
肌の新陳代謝や髪の毛のツヤ・ハリ、自律神経の調整、
血流の調整、動脈硬化予防、代謝促進などにも関係しています。

エストロゲンは加齢によっても減ってしまいますが、

生理周期によってもその分泌量は変化します。

また、閉経やストレス、ダイエットや不規則な生活などによっても、
エストロゲンの分泌量は減ってしまいます。

エストロゲンが減ることによって目の下のくまができやすくなります。
【エストロゲンが減少するワケ】
加齢  ●ストレス ●身体の冷え
●過剰なダイエット  ●アルコールの過剰摂取
●睡眠不足  ●喫煙

女性ホルモンを増やしてくま対策

fotolia_78083980_subscription_monthly_m

加齢などよって減ってしまった女性ホルモンを増やすことで、
効果的なくま対策をすることができます。

無理なく女性ホルモンを増やすには、
意識して効果的な食べ物を摂取するという方法があります。

大豆イソフラボンは植物性エストロゲンと呼ばれており、
エストロゲンと非常に似た働きをしてくれます。

大豆は女性ホルモンであるエストロゲンと同じような美容・健康効果が望める!

そのため、豆乳を飲むことで大豆イソフラボンを摂取することができます。

大豆イソフラボンは豆乳だけでなく、納豆や豆腐など多くの大豆製品に含まれています。大豆や大豆製品を積極的に摂ることでくま対策ができます。

食べ物で摂るのはよいですがサプリメントなどで補うと過剰摂取の心配があります。

なるべく食べ物から自然な形での摂取をオススメします。

また胎盤から抽出したエキスであるプラセンタには、
エストロゲン分泌を活性化させる働きがあります。

プラセンタを摂取することで、目の下のくまを解消する働きが期待できます。

分泌を促進する働きであるため、
過剰にエストロゲンが分泌される心配はありませんので安全です。

漢方を処方して貰うという方法もあります。

高麗人参にはエストロゲンと似た働きを期待することができます。

滋養強壮の効果や更年期症状の緩和などに効果が期待できます。

自分に合ったものを利用してくま対策をするとよいです。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事