2016.9.29

紫くま(青ぐま)の特徴と対策

クマの代表格?紫クマ(青ぐま)

fotolia_66432117_subscription_monthly_m

クマができた!というと大抵の場合は紫クマ(青ぐま)だということがあります。

目の下の部分が紫色青っぽくなってしまい、
不健康さ丸出しといった雰囲気を醸し出しますね。

特に色白の人だと目立ってしまいますので、
それが嫌だと思って改善に乗り出すケースもあるそうです。

紫クマ(青ぐま)がクマの代表格だからといって、必ずしも簡単に治るとは限りません。

すでに慢性化してしまっている場合は、
改善するまでにある程度の期間を要する可能性があるでしょう。

ですから日頃からケアをしておく必要があります。

紫クマ(青ぐま)ができる理由

Young beauty woman addicted to modern technology

紫クマ(青ぐま)は、血の巡りが悪化していることが原因に挙げられます。

血行が悪くなると我々の体は支障をきたしますが、クマも作り出してしまうのです。

本当に血というのは重要なものです。

紫クマ(青ぐま)は、パソコンを長時間するなどして目を酷使するとできやすくなります。

仕事でパソコンを使う人も多いですし、
それ以外にもスマホを長時間操るケースもありますよね。

そうすることで血行が悪化してしまいこのクマができてしまいます。

それ以外にも、睡眠不足が原因でも起こります。

そして何か嫌なことがあったりしてストレスを感じると、
結果的にクマ、紫クマ(青ぐま)になるということもあるそうです。

紫クマ(青ぐま)はどうやって対策すべきなのか

Young woman lying on massage table receiving beauty treatment

とても嫌な紫クマ(青ぐま)ですが、
できるだけ自分の目の下にはできてほしくありません。

でも対策方法があるので安心してください。

結局は血の巡りを良くするのがベストなので、目の上に載せて使用する、
目の周辺を温めるグッズを使うと良いでしょう。

気持ちも良いですしクマ予防にもなります。

さらにパソコンなどを長時間している場合にもおすすめで、
眼精疲労の防止にも役立つでしょう。

そして強めのまばたきをするのも良さそうです。

ただずっとやるというわけではないでしょうから、少しの時間だけやってみてください。

それ以外にもツボを押すことも有効だとされています。

はじめは慣れずに大変かもしれませんが、すぐにコツをつかめるでしょう。

このような対策を行うと改善が見込めますが、
どうしても確実性が欲しいという場合は、美容外科などのプロに頼ってくださいね。

きっと効果をしっかり感じられますよ。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事