• HOME>
  • メイク >
  • 化粧直し時に治そう!目元のシワはこれで隠せる

2017.11.30

化粧直し時に治そう!目元のシワはこれで隠せる

化粧直し時に治そう!目元のシワはこれで隠せる

夏は汗と皮脂で、化粧直しの回数が増えるけど、冬も気づかないうちに化粧崩れが起こっていて、鏡を見たら目元にシワが!なんてことがありませんか?

今回は、化粧直し時に目元のシワを隠す方法をレクチャーします。

冬も化粧崩れが起こりやすい!?

smiling young woman peeking behind a wet wipe while removing her makeup

実は、冬も化粧崩れが起こりやすいのをご存知ですか?

化粧崩れの原因の大半は、みなさんご存知のように汗と皮脂です。

夏は汗をかきやすく化粧直しで大変なんて女性も多いはずです。

 

冬の化粧崩れの原因も皮脂です。

冬は空気が乾燥するので、お肌を乾燥から守ろうと皮脂が多く分泌されてしまい、化粧崩れの原因になってしまう訳です。

 

 

【冬の化粧崩れを防ぐには保湿がポイント】

乾燥からお肌を守るには保湿ですね。

冬は普段のスキンケアにも保湿に重点をおきましょう。

 

化粧崩れを防ぎ、目元のシワを目立なくするには、メイク前に、保湿化粧水をタップリ使ってから、上の写真のように顔全体をティッシュで抑え、さらに目元はティッシュかコットンで抑えてからメイクアップに移りましょう。

メイク直しで目元のシワを隠す方法

Woman with a cotton swab

目元の化粧直しには、綿棒を上手く活用しましょう。

今は綿棒の先に、最初からファンデーションやクレンジングがついている商品もあります。

目元の化粧直しには便利アイテムです。

 

【目元のシワ隠しにはファンデの縦塗り】

ファンデがヨレて目尻のシワにたまっていたり、涙&汗やマスカラで汚れている場合は、綿棒を使って絡めとりましょう。

汚れの場合は上で紹介したクレンジングつき綿棒がおすすめです。

 

化粧直しで目元のシワを隠すには、普段お使いのファンデーションをパフかカットスポンジに薄くとって、シワを跨ぐように、ファンデーションを縦に塗ります。

化粧直し以外でも、目元のシワが気になる時は、ベースメイクの最後に上と同じようにファンデを薄く縦塗りすれば、シワが上手く隠れます。

 

まとめ

化粧崩れにも保湿がポイントだなんて!?

冬の保湿が重要なことを再認識しましたね。

目元の化粧直しには綿棒を上手く使って、シワのない目元をキープしましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事


この記事と同じカテゴリの記事