• HOME>
  • 未分類 >
  • ヒアルロン酸って何にいいの?みんなしている、ヒアルロン酸治療とは

2016.9.29

ヒアルロン酸って何にいいの?みんなしている、ヒアルロン酸治療とは

目のくまは老けて見える肌トラブル

fotolia_67228953_subscription_monthly_m

さまざまな肌トラブルの中でも、目のくまはセルフケアではなかなか改善しないものです。

睡眠不足の時、ストレスが溜まって疲れているとき、食事がなかなかバランスよく取れないときなど目の下にたるみができたり目のくまが目立ってしまうことがあります。

これは目の下の皮膚がとても薄いことに由来します。

目の下の皮膚は頬の皮膚と比べても大変薄く、肌の下の静脈が透けてしまうので青く見えてしまったり、黒っぽく不健康に見せてしまうということがあります。

こうした目のくまを解消しようと盛んにマッサージでセルフケアをされる方もいますが、これは逆に目の皮膚をこすってたるみをひどくしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

自己流のセルフケアではこうした目のくまは改善されることがなく、場合によってはより濃いくまが現れてしまうので、プロの手にケアを委ねるのが良いでしょう。

特に美容外科で行う若返り術は目のくまにも高い効果を発揮します。

デリケートな箇所だからこそ、こうしたプロの技術でケアしたほうが安全で効果を長持ちさせることができ、若々しい印象作りに役立てることができます。

そのキーポイントとなるのが天然の保湿成分ヒアルロン酸です。

美容外科で行うヒアルロン酸療法とは

Injection of rejuvenation

美容外科で行う若返り治療の中でももっとも手軽で効果があるのがヒアルロン酸注入です。

この成分はもともと肌の中にある保湿成分で1gで6リットルもの水分を保持することができるのが特徴です。

注入療法では目の下のくまの部分にこの成分を注入し、ふっくらと若返りをさせるというものです。

この成分はもともと体に存在する成分なので、トラブルや異物としての反応を引き起こすことなく、体に馴染みふっくらとさせることができます。

そして徐々に体に吸収されていくので安全です。

この療法が最も効果があるのが目の周りです。

皮膚が薄く、外科的手術が出来ない目の周りはヒアルロン酸を注入することで、一気に若返りをすることができ、くまの解消にもつなげることができます。

注入することで青や黒、茶色といったくまの色も解消されて白い本来の肌色に戻すことができます。

何よりも嬉しいのはこの療法が大変手軽で短時間でできる治療だということです。

入院も必要なく、一回の通院で確実な効果を得ることができるので、手軽で便利に若返りを目指すことができるのです。

定期的な治療でいつまでも若々しい目元を印象づけることができる、大変手軽なプチ整形と言えるでしょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事