2017.11.1

目元のくすみの原因と解消法

目元のくすみの原因と解消法

赤ちゃんのような肌と言われるように、クスミのない透明な肌は全女性の憧れかもしれませんね。

では、何故お肌や目元はくすむのでしょうか?

今回は、目元のくすみの原因と解消法を紹介します。

お肌と目元がくすむ原因

sengan

出典:weheartit

 

お肌の色を構成しているのは、赤色のヘモグロビン、黄色のカロチン、黒色のメラニンの3色です。

様々な原因でこの3色のバランスが崩れるとクスミの原因になってしまいます。

 

特に紫外線による光老化や色素沈着により、メラニン色素が多くなると、バランスが崩れてクスミの原因に直結します。

これが部分的にさらに進むとシミ(色素沈着)に発展してしまう訳です。

 

特に、目元は皮膚が薄く毛細血管が多くデリケートで、上記のバランスが崩れやすい部分です。

目元にクスミやクマ、たるみ&シワといった老化が現れやすいのはこの為です。

また、睡眠不足やストレス、過労による目の疲れも目元クスミの原因になります。

目元のくすみを解消する方法

くすみ解消!

 

目元やお肌のくすみ対策の基本は洗顔です。

目元への摩擦や乾燥がクスミの原因になります。

目元へのクレンジングはなるべく回数を減らしましょう。

アイメイクした後は、アイシャドウ、マスカラ&アイラインは、こすらないように専用のリムーバーを使って残らず落としましょう。

 

 

【目元くすみはパックで解消】

2週間に1度は、お肌の透明感が戻るようにパックをしましょう。

顔全体に塗って剥がすタイプのパックがおすすめです。

毛穴汚れも取れて目元くすみにも効果を発揮します。

 

剥がすタイプのパックは、お肌に負担が掛かるので、2週間に1度に留めましょう。

使い過ぎると赤味が増したり逆効果になってしまいます。

 

 

【目元くすみはメイクで解消】

目元くすみが気になる時は、ベースメイクでカバーしましょう。

顔全体の下地をくすみの色に合わせて上手くチョイスしましょう。

血行不良で青み掛ってくすんでいる時はオレンジの下地、黄色く暗いクスミには、パープル系下地を使用しましょう。

これは、色彩学の補色の関係を利用したメイク方法です。

 

また、目元のくすみには、上記で紹介したカラーのコンシーラーを上手く使ってカバーしましょう。

まとめ

お肌のくすみが色彩心理学でカバーできるなんて驚きでしたね。

くすみ対策もスキンケアの基本である、紫外線対策や洗顔がポイントです。

上記を参考に、赤ちゃんのような目元美肌をめざしましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事