• HOME>
  • メイク >
  • 芸能人から学ぶ!奥二重でもパッチリ目になる方法

2017.11.9

芸能人から学ぶ!奥二重でもパッチリ目になる方法

芸能人から学ぶ!奥二重でもパッチリ目になる方法

パッチリ二重のハーフ芸能人を除いて、日本人芸能人は意外と奥二重さんが多いのをご存知ですか?

今回は、芸能人から学ぶ!奥二重でもパッチリ目になる方法をレクチャーします。

 

出典:https://weheartit.com

パッチリ目といったら目ザイクアイテム!

aragaki-yui

出典:https://weheartit.com

 

パッチリ目といったら、一重&奥二重さんの憧れクッキリ二重ラインが自分で作れる、アイテープやファイバーなど目ザイクアイテムですね。

目ザイクの種類と特徴を紹介します。

 

○アイプチ&二重のり

二重ラインを作る目ザイクの中では、一番古くからあるアイテムがアイプチ(二重のり)です。

以前は、二重ラインを作っても、直ぐ取れてしまうのが残念でしたが、現在の二重のりは、塗るアイテープと言われるように、二重ラインをしっかりキープしてくれます。

寝る前に塗って二重ラインを形状記憶するタイプや、のりが渇くとフィルムになるタイプもあり、アイプチ&二重のりは進化しております。

 

○アイテープ

目ザイクブームの発火点がアイテープです。

張るだけで簡単に二重ラインが出来てしまう優れもの!

日によって二重ラインが変動してしまう奥二重さんにおすすめのアイテムがアイテープです。

現在は、ねこ目用タレ目用のアイテープもあり、アイメイクの手間も省いてくれる便利アイテムです。

 

○ファイバー

一重さんや二重ラインの幅を大きくハーフ目にしたい時に、おすすめなのがファイバーです。

慣れるまではコツが要りますが、慣れてしまえば強力に二重ラインをキープしてくれます。

医療現場でも使われている素材なので安心ですね。

 

○絆創膏(バンソウコウ)

メザイクのなかでは、切ったり張ったりコツと手間が一番かかるのがバンソウコウですね。

しかし、家にあるもので目ザイクが出来てしまうコストパフォーマンスに優れた逸品です。

また、寝る時もバンソウコウを張って二重ラインを作ったまま寝れば、二重ラインのクセ付けで、永久二重ラインがゲットできるかもしれません。

 

奥二重をパッチリ目に見せるアイメイク

ueto-aya

出典:https://weheartit.com

 

目ザイクを使えば、パッチリ二重になれますが、時間や手間も掛かるし面倒という方に、アイメイクだけで奥二重をパッチリ目にみせるポイントを紹介します。

 

○アイブロウ(眉メイク)

眉頭を太めにして、目頭に出来るだけ近く描きましょう。

眉山から眉尻にかけては、バランスを考えて出来るだけ細くにするのがポイントです。

デカ目効果が生まれてパッチリ目になります。

 

○アイライン

ジェルアイライナーを使い、目尻側を下げぎみに2,3ミリ伸ばしてタレ目風にする、仕上げにブラシでぼかします。

極端なタレ目はNGあくまでナチュラルに!

逆につり目やネコ目にすると目が細く見えてしまい、パッチリ感がダウンします。

 

○アイシャドウ

濃い原色カラーは使わない!

黒目の目力がアイシャドウに負けてしまい、パッチリ感がなくなります。

定番のブラウンアイシャドウでナチュラルメイクにしましょう。

ノーズシャドウとの対比でパッチリ目の効果が上がります。

 

まとめ

奥二重さんがパッチリ目に見せるのは、意外と簡単そうですね。

ご自分に合った目ザイクアイテムを選んで二重ラインをゲットしましょう。

また、写真の芸能人のようにナチュラルメイクにするのもポイントです。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事