2016.9.29

ドライアイとくまの関係

ドライアイとは何か

fotolia_63471534_subscription_monthly_m

通常目の表面には涙が行き渡っているため潤いがありますが、
ドライアイは涙の分泌量が減ってしまったり、
涙の質が低下してしまうことによって目の表面が乾いてしまう症状です。

涙の分泌量は年齢を重ねていくことによって減少してしまい、
年とともに目の乾きを感じやすくなります。

涙の成分は油層や水層、ムチン層などがバランスよく含まれていて、
目を潤わす働きをしていますが、そのバランスが崩れてしまったり、
分泌量が減少することでドライアイを引き起こしてしまうといわれています。

ドライアイになると目の表面が乾燥するだけでなく、
角膜や結膜にキズがつきやすくなり、目がゴロゴロしたり、痛みや違和感を感じたり、目がかすんで見えにくくなるなどの症状がでるようになります。

パソコンやスマホが普及している現代では長時間これらの画面を見ている事が多いため、まばたきをする回数が減ってしまい、ドライアイになりやすくなります。

カラコンなどソフトレンズはドライアイに注意

fotolia_56499305_subscription_monthly_m

また、日頃からカラコンなどソフトのコンタクトレンズを使用されていらっしゃる方は、ドライアイになってしまう割合が高いようです。

黒目全体を覆うソフトレンズは、酸素が角膜に行きわたりにくくなるため、目にはあまりおすすめではありません。

ドライアイの症状がないか、また10秒程度まばたきせずにいられるかなどを、試してドライアイかどうかをチェックしてみるとよいでしょう。

ドライアイになると目の下のくまもできやすくなるので、くまが気になるならドライアイを治すことも大事です。

目の下のくまの原因

 

fotolia_89259408_subscription_monthly_m目の下のくまは男女とも悩んでる方が多いようです。

くまは目のこすり過ぎや紫外線などの刺激による色素沈着のほか、
ドライアイや眼精疲労も原因といわれています。

とくに眼精疲労など目の疲れの場合、目の回りに張り巡らされている毛細血管の血行が悪化してしまいます。

目のまわりの毛細血管の血行が悪くなる

血液が滞っることで、血が黒っぽくなる

皮膚から血液が透けて「くま」になる

毛細血管を流れる血液が滞ってしまうことによって、うっ血しヘモグロビンが透けて、青黒く見えてしまうことが青くまへと繋がってしまうと考えられています。

血液は普通赤い色をしているものですが、酸素不足になってうっ血した血は黒っぽい色なので、目元の薄い皮膚から透けて見えてしまいます。

睡眠不足や偏った食事も血行不良となりやすいため、生活習慣の見直しをすることも大切になります。

目の周りの皮膚はとても薄いですので、
強くこすらない程度にやさしくマッサージをして血行促進をしてあげましょう。

蒸しタオルを利用して目元を温めたり、まばたきをすることも血行促進におすすめです。

普段はシャワーだけですませてしまっているような方は、湯船に浸かって温まるようにしましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事