2017.9.26

予算0円!毎日たった3分で自力で二重にする方法

予算0円!毎日たった3分で自力で二重にする方法

一重さんや奥二重の方の憧れ二重まぶた!ファイバーやアイテープを使い

毎朝目ザイクに励んでいる方もいるかもしれませんね。

しかし、目ザイクは時間も掛かるし面倒!と思っている方も多いと思います。

そこで、今回は予算0円!毎日たった3分で自力で二重にする方法を紹介します。

スプーンを使って二重まぶたゲット!

アメリ出典:weheartit.com

 

自力で二重まぶたを造る方法として、一般に知られているのがマッサージと二重ラインのクセつけですね。

そこで、今回はこの二つが一度にできてしまう、スプーンを使った二重まぶた造りを紹介します。

 

【スプーンで二重まぶた造りの方法】

この方法はまぶたがむくみがちな奥二重の方に適した方法です。

 

①最初に写真のような食事用スプーンを、40度前後のお湯に浸します。

 

②続いてスプーンの背面でまぶたを軽く2分間押さえます。

 

③続いて冷水にスプーンを浸し、再度まぶたを軽く1分間押さえます。

 

④最後にスプーンを下向きにして、スプーンのエッジ(縁)を使い、二重ラインに軽く切れ込みを入れる感じで、なぞってクセつけをすれば完了です。

 

※最後のスプーンのエッジを使ったクセつけは、手のひらでテストしてから行いましょう。

まぶたは顔の中でも一番デリケートな部分です!

自力二重造りはあまりおすすめしません。

この方法は熱で火傷の可能性もありますので、あくまで自己責任で行いましょう。

ばんそうこうなら安心!自力二重が造れます

band-aid

 

ばんそうこうをアイテープ代わりに使い、二重まぶたを造っている方もいると思います。

ばんそうこうなら、顔やまぶたに使うことを前提とした製品なので安心ですね。

これからばんそうこうを使った自力二重の方法を紹介します。

 

【ばんそうこうで自力二重にする方法】

ばんそうこうをアイテープ代わりに使っている方は、いつもう通りに二重ラインを造ってください。

アイテープを使ったことがない方の為に、これから説明します。

 

①ばんそうこうの両はしの部分を2ミリづつカットして使います。

 

②アイテープ用のプッシャーやピンセットで二重ラインのクセつけをします。

 

③ピンセットなどを使い、二重ラインにばんそうこうの上側が来るようにピタリとばんそうこうを張ります。

 

④最後に指先で二重ラインをなぞって、まぶたに押し込めば完成です。

 

※ここまでが、アイテープ代わりにばんそうこうで二重ラインを造る方法です。

クレンジングが必要ないようにアイメイクはせず、寝るときもそのままばんそうを付けて寝ます。

この一度造った二重ラインをシワのようにクセつけしてしまえば、自力二重に近づきます。

 

ここでのポイントは、一度造った二重ラインをキープすることです。一度造ったラインをくり返し作れば、シワになるのと同じ要領で二重ラインが出来上がります。

ばんそうこうを剥がして、また二重ラインを作る時は、クセつけの為に同じラインをトレースしましょう。

しかし、寝ている時に違和感を感じたら、ばんそうこうは剥がしましょう。

睡眠不足は美容の敵です。

まとめ

上記でも触れましたが、まぶたはデリケートな部分です。

視力や健康に影響する可能性もあります。

自力で二重まぶたを造るのは、慎重に検討して!あくまで自己責任で行いましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事


この記事と同じカテゴリの記事