2017.9.26

まつげ美容液は本当に効果があるの?

まつげ美容液は本当に効果があるの?

つけまつげ、まつげエクステンション、マスカラ、まつ毛美容液というように、まつげを長く&多く見せるアイテムは色々あります。

中でも近年、注目を集めるのが自分のまつげが長く&多くなったように見せるというまつげ美容液ですね。

では、まつげ美容液は本当に効果があるのでしょうか?

まつげ美容液の種類別に検証してみました。

まつ毛美容液の種類と効果

まつげ美容液をつける女性

 

まつげ美容液は大きく分けて3種類になります。

化粧品や医薬部外品のまつげ美容液、医薬品のまつげ育毛剤、マスカラにまつげ美容液の効果をプラスしたマスカラ+まつげ美容液の三つです。

これから種類別に詳しく紹介します。

 

【まつ毛美容液】

ドラッグストアやネット通販で買える一般的なまつげ美容液は、化粧品か医薬部外品になります。

 

男性の育毛剤やスキンケアコスメの美容液の多くが医薬部外品です。医薬部外品の美容液成分としては、ヒアルロン酸、フコイダン、コラーゲン、オタネニンジンエキスといった、男性の育毛剤にもよく使われる成分がまつげ美容液にも配合されています。

まつ毛美容液の効果としては、まつげにハリとコシを与えます。

 

また、医薬部外品の美容液にも使用されているフコイダンは成長ホルモンの分泌を促進して、まつげ育毛効果があるといわれ、中にはまつ毛美容液を使って、まつげの本数が増えた、まつ毛が伸びたという方もいます。

 

【マスカラ+まつげ美容液】

従来のアイメイクやマスカラでは、まぶたやまつげに負担が掛かり、まつげが切れたり抜けたりしてしまう方もいて、マスカラやアイメイクを控える方の要望に応えて開発されたのが、マスカラにまつ毛美容液の機能をプラスしたマスカラ+まつげ美容液(医薬部外品)です。

配合成分としては、まつげ美容液成分と同様に、上記で紹介した、育毛効果のある成分が配合されています。

 

効果としては、従来のマスカラよりまつげの負担を軽減して、まつげが抜けるのを防いだり、まつげ美容液と同じように育毛効果も期待できます。

 

【まつげ育毛剤】

まつげ育毛剤は、医師の処方箋が必要な医薬品になります。

元々は緑内障の点眼薬成分として配合されていたビマトプロストという成分が、まつげの育毛効果がある事が分かり、日本では2014年にまつげ貧毛症治療薬として『グラッシュビスタ』の名称で厚生労働省の認可がおりました。

 

現在、日本でまつげ育毛剤として医薬品の認可がおりているのは『グラッシュビスタ』が唯一の製品です。

また、『グラッシュビスタ』は自由診療の保険適用外であるため、価格が5mlで1万円以上と高額です。

まとめ&結論

eyelash-serum出典:weheartit.com

 

まつげの抜け毛で悩んでいたり、まつげの本数が少ない、まつげが短すぎるという方は、高額なまつげ美容液を使うより、病院で医師に相談して医学的効果が実証されている、まつ毛育毛剤『グラッシュビスタ』を処方してもらうのがBESTかもしれません。

まつ毛にコンプレックスはないし、まつげにハリとコシがあれば十分!という方は、リーズナブルなマスカラ+まつげ美容液を選びましょう。

 

 

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事