2016.9.29

コンタクトとくまの関係

コンタクトとくまの関係

何気なく使用しているコンタクト、実はクマとの関係があるって知っていましたか?

今回は、コンタクトとクマの関係を学びましょう。

コンタクトによる酸欠状態でくま

contact_color

現在、若い女性を中心にカラーコンタクトが流行っていますが、
コンタクトレンズを付けていると酸素が裸眼やメガネの時よりも届きづらく、
目が酸欠になってしまいドライアイになりやすい傾向にあります。

また、コンタクトを付けていることにより目は疲れやすくなり、
眼精疲労になる場合もあります。

コンタクトはメガネに比べると目に負担をかけてしまいがちですが、
そのため筋肉も疲れてしまい、目の周りの血行が悪化しがちとなります。

目の周りの皮膚はとても薄いため、皮膚下が透けて見えます。

そのため目周辺が血行不良になってしまい、うっ血することで血液が透けて、くまができます。

目の下にくまがあると、「不健康そう」「老けている」「疲れている」という風に
見られがちですので、なるべく早く改善したいものです。

そのため、目の下のくまができないように、睡眠をきちんとったり、
血行アップのマッサージをするといったことも大事です。

どちらにしても、目の下のくまは目の疲れが大きく関係しています。

 

コンタクトと目の下のクマの関係

コンタクトにより目に酸素が届きにくくなる

目が乾きドライアイや眼精疲労となる

目の周りの筋肉が疲れ、血行も悪くなる

目周辺の皮膚は薄いため血液が透けて「くま」が発生

コンタクトが合っているかどうか

fotolia_108112689_subscription_monthly_m

コンタクトは眼鏡よりもメイク映えし、体温の上昇や湯気で曇ったりせず、
スポーツしやすいなどメリットもたくさんあるので、コンタクトを使用されている方は多いですがメガネや裸眼に比べると目に負担をかけてしまいます。

さらに目に合わない度数やカーブのコンタクトを使っていると目への負担も増加してしまい、目の周りの筋肉への負担も増えて、血行も悪くなり目の下のくまができやすくなります。

くまを改善する方法には血行をアップするのが良いのですが、
ツボ押しやマッサージは簡単で血行を改善できるのでおすすめです。

数秒間少し強めに目の下を押し、指をはなすと血流がよくなります。

もしクマが気になるようでしたらマッサージやツボ押しを行ってみてください。

コンタクトを使われている方はとくに目が疲れやすく、くまができやすい傾向はありますので、意識的に疲労回復と血行改善を試みましょう。

目の下の「くま」におすすめのツボ

fotolia_100555624_subscription_monthly_m

ここでは目の下のくまに効果が期待できるツボをご紹介します。
それぞれのツボを押す時はいた気持ちいいくらいの強さで5秒、
3セットを目安に行いましょう。

 

睛明(せいめい)】目頭と鼻の根元の間にあるツボです。
両手の人差し指の腹を使って左右両方のツボを押しましょう。

 

四白(しはく)
瞳の中心から真っすぐ下で目の周りの骨から指一本下に下がった場所にあるツボ。
目の下のたるみや眼精疲労、くまの改善に効果的です。
人差し指の腹で少し上に向かって、左右同時に5秒ほど押し、ゆっくり離しましょう。

攅竹(さんちく)
眉頭のくぼんだ部分で親指の腹で上に持ち上げるように押しましょう。
目の周りの血流をアップし、目の下のくまや眼精疲労を改善します。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事