2017.9.14

目が腫れぼったい・・・プチ整形ですっきり目に!

寝不足やメイクの汚れ残し、お酒の飲み過ぎなどで目が腫れぼったいのではなく、皮膚の厚みや脂肪量などで一重になりやすく目が小さいという方もいらっしゃいます。

そして、それが原因でストレスになり体調を崩してしまう方もいます。

そんなときは、プチ整形を考えてみませんか?

今回はプチ整形についてご紹介します。

まず、カウンセリングで自分の目のタイプを知る

診断

人によって皮膚の厚みや脂肪量は違います。

また、二重のなりやすさにも違いはあります。

まずは、カウンセリングで自分の目のタイプを知ることが重要です。

自分の目のタイプを理解したら理想のタイプを想像してシミュレーションしましょう。

どんな手術方法があるの?

目

人によって腫れぼったい原因は違うように手術方法もさまざまです。

たとえば、脂肪量が多いために腫れぼったくなる場合は、「脂肪吸引」、目を大きく広げたい場合は「目瞼下垂」、二重の幅を変えたい場合は「埋没法」、二重が腫れぼったい場合は「眉下切開」、目元が腫れぼったい場合は「脂肪除去」などさまざまです。

ほとんどの目の整形は、これらの方法を組み合わせして行われます。

組み合わせ方もタイプによって違うのでよく相談して決めましょう。

プチ整形をするときのポイント

目

プチ整形は、10分〜30分程度の手術時間ででき、3日〜1週間くらいでアイメイクも可能と言われています。

また、最近では医療や医療機械の進歩により、比較的低価格で安全性の高い整形手術も多いと言われています。

よって、何を重視するかで種類やクリニックを決めることが可能です。

しかし、リスクがないわけではありません。

たとえば、思っていたのと違ったり、左右のバランスが違ったり、追加で料金が発生してしまったりする場合もあります。

リスクもあることを理解した上で自分に合った手術方法やクリニックを見つけるのがポイントです。

すっきりした目で心もすっきり!

いかがでしたか?

今回は、プチ整形についてご紹介しました。

整形と少し距離を置いてしまう方も多いかもしれません。

ですが目の整形手術と言ってもいろいろな方法があります。

まずは、自分のタイプや悩み、理想を相談してみましょう。

そして自分に合った手術方法を見つけてもやもやしていた気持ちと目を、すっきりさせましょう!

 

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事