2017.9.14

まぶたのむくみがずっと取れない・・・こんな場合は病院へ

最近、まぶたが頻繁にむくむ、急にむくみが長引くようになったと思ったら要注意です!

もしかしたら一時的なトラブルではないかも?

腎臓や心臓などに原因があるかもしれません。

もしくは、何か目にトラブルが起きているのかもしれません。

今回はそんなむくみでわかる体とトラブルについてご紹介します。

まず、目でわかる病気の兆候とは?

病院

寝不足だったりうつぶせで寝たり、飲み過ぎたり濃い味の食事が続いていたり、泣きはらした次の日に、まぶたがむくむことはありますよね。

これは、一時的な体の自然な現象なので時間とともに回復します。

ですが、時間がたっても元に戻らない上に、疲労感が続いている、体が急に重くなったなど、体がいつもと少し違うと感じたときはご注意ください

腎臓や心臓などでの血液循環が悪くなっているかもしれません。

もしくは、目に何かトラブルが起きているのかもしれません。

目のトラブルについて

トラブル

まぶたをこすったり、メイクが十分に落とせてなかったりして目に細菌やウイルスなどが目に入り、目が腫れることがあります。

この場合は、ものもらいや結膜炎(けつまくえん)、眼瞼炎(がんけんえん)、涙嚢炎(るいのうえん)などが疑われるので眼科に受診しましょう。

また、アイプチで腫れる場合もあります。

これは、血行が悪くなり腫れる場合と接着剤などでアレルギー反応を起こす場合があります。

こちらもひどくなる前に眼科に受診しましょう。

臓器のトラブルについて

医者

特に慢性的にまぶたのむくみが取れない場合は、慢性甲状腺炎が考えられます。

この場合、甲状腺機能が低下して喉が少し腫れると言われています。

顔やまぶたのむくみが取れない場合は、急性腎炎が考えられます。

この場合は、細菌やウイルスにかかった後に起こりやすく扁桃腺や咽頭部分が炎症をしてむくんだ後、尿量が減る、血尿が出ると言われています。

また、この他にもネフローゼ症候群心臓病上大脈症候群なども考えられます。

気になったら病院へ行って検査しましょう。

むくみが長引くようならば病院へ

いかがでしたか?

今回は、目のむくみから考えられる目のトラブルと臓器のトラブルをご紹介しました。

一時的だったり原因が思いつく場合はあまり心配する必要ないかもしれませんが、長引いたり他にもトラブルのサインが出てきたら要注意なので、そんなときは病院へ行って検査してください。

 

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事