2017.9.14

朝起きてからでも間に合う!まぶたのむくみをケアする簡単マッサージ

寝坊して時間がない朝にかぎってまぶたが腫れている!

そんな経験はありませんか?

時間がない朝でも簡単にできるマッサージを知っていたらピンチを乗り越えられるかも。

今回は、朝起きてからでも間に合うまぶたのむくみを解消する簡単なマッサージをご紹介します。

まぶたがむくんだときに試してみてくださいね。

まぶたのマッサージ方法

マッサージ

知っていると役に立つ、まぶたのむくみをケアする簡単なマッサージをご紹介します。

 

(1)ツボ押しマッサージ

目の下の中央部分から目尻の方向へ骨にそって動かすと目の中央と目尻のちょうど真ん中あたりにくぼみがあります。

そこに球後(きゅうご)というツボがあります。

このツボを人差し指の腹で優しく左右に動かします。

また、息を大きくはきながら5秒ほど押します。

球後は、たるみなども効果が期待できるので毎日5回ほど押しましょう。

 

 (2)アロママッサージ

10mlのキャリアオイルに1〜2滴のアロマオイルをブレンドしたマッサージオイルと両手中指を使って鼻の骨の縁とアイホールの骨の縁部分をゆっくり優しく押しましょう。

アロマオイルは直接肌に塗ると刺激が強いので、キャリアオイルで濃度を薄めて使いましょう。

また、目の周りはとてもデリケートです。

刺激のある痛みがあるようならばマッサージをやめましょう。

アロマは、ラベンダーやローマンカモミールなど刺激があまり強くないものがおすすめです。

 

(3)リンパマッサージ

目頭から目尻に向かってまぶたの上を優しく流しながら動かします。

そして目尻のところで軽く押し上げるようにします。

その後、目尻から耳の前、フェイスラインに沿って流します。

次に首、そして鎖骨まで流します。

化粧水や乳液などのスキンケアや保湿クリームをつけてからリンパマッサージを行うと皮膚に刺激を与えないのでおすすめです。

 

マッサージするときの注意点は?

注意

目の周りの皮膚はとてもデリケートです。

マッサージするときは摩擦や刺激を与えすぎないように注意しましょう。

まぶたの裏には毛細血管が多くあります。

こすりすぎると血管が痛み腫れる原因にもなりますのでご注意ください。

マッサージするときは、オイルやクリームなどを使って優しく行いましょう。

むくみは毎日の習慣で予防しよう!

いかがでしたか?

今回は、まぶたのむくみをケアする簡単なマッサージをご紹介しました。

まぶたのむくみも足のむくみと同じようにマッサージをすることで予防できます。

メイクするときや洗顔するときに一緒に行えば時短です。

ぜひ、試してみてください。

毎日のマッサージは面倒という方には施術という方法もあるかもしれません。

 

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事