2017.8.25

9月のアイケアが冬の目元を決める!年齢別ケア方法

9月のアイケアが冬の目元を決める!年齢別ケア方法

9月は、夏のダメージが目元に現れる季節です。

夏バテによる疲れや睡眠不足、紫外線やエアコンといった、環境による温度や湿度の変化、あなたの目元には、確実に夏のダメージが蓄積されています。

この目元のダメージを冬に持ち越さないためにも、9月のアイケアが重要になります。

そこで、今回は年齢別9月のアイケアポイントをレクチャーします。

20代9月のアイケアはクレンジングがポイント

20代の肌ケア

参照:weheartit

20代の方は、夏に限らずアイメイクで目元を酷使している方が多いと思われます。

マスカラ、まつ毛エクステ、アイシャドー、アイライナー、アイテープやファイバーといったアイテムなどを、普段から使われている方も多いはずです。

これらのアイメイクアイテムは確実にあなたの目元にダメージを与えています。

 

さらに、夏のタンニング(日焼け)や夜遊びによる睡眠不足が加わればさらに、ダメージは増します。

深夜に帰宅してメイクオフせずにそのままベッドインなんて方もいるかもしれませんね。

目元にダメージを蓄積させないためにも、アイメイクはその日のうちに確実にクレンジングで落としましょう。

クレンジングのポイントは、こすらない為に専用のリムーバーを使うこと!

なるべくアイメイクアイテムと同一ブランドの専用リムーバーを使用しましょう。

 

30代9月のアイケアは洗顔がポイント

30代のアイケア

 

30代9月のアイケアのポイントは、過剰なケアはNGです。

目元の小じわ対策の為に自己流目元マッサージ、シミ対策に美白化粧水で何度もパッティング、保湿の為に目元まででバシャバシャと化粧水をタップリ使用!なんて方も多いのでは?

目元はデリケートです。

力を入れて自己流マッサージやパッティングなんてしたら、目元トラブルの元凶になりかねません。

 

また、化粧水を目元にタップリ使っても目元のお肌には浸み込まず、大半は蒸発してしまいます。

こちらも化粧水が目に入って眼病のリスクが高まります!

注意しましょう。

30代は、まだお肌の水分、油分、美肌成分ともに十分お肌に備わっています。

過剰なスキンケアは必要ないかもしれません。

スキンケアの基本は洗顔です。

洗顔後に目元の様子を見て、乾燥気味なら保湿クリーム、ハリがないなら収斂化粧水、くすみやくま(茶ぐま)があるなら美白美容液というように、ケースバイケースで対応しましょう。

40代9月のアイケアはシミ対策がポイント

40代のアイケア

 

40代9月のアイケアのポイントは、紫外線によるシミ対策です。

私まだ目元にシミなんてないわ!という方も9月は美白美容液やアイクリームで確実にアイケアを行いましょう。

紫外線によるシミは、お肌の表面に現れていなくとも、夏の紫外線ダメージと加齢によるお肌のターンオーバー機能や、メラニン生成機能の衰えにより、シミ予備軍がお肌に蓄積されています。

美白化粧品は、日焼けによるシミを防ぐ効果を期待出来ますが、出来てしまった目元のシミには、効果はあまり期待できません。

目元の日焼けによるシミを防ぐにはお肌に現れる前の9月が勝負月です。

50代9月のアイケアはシワ対策がポイント

50代アイケア

 

50代9月のアイケアのポイントは、ズバリしわ対策です。

40代の方と同様に紫外線対策は、みなさんされていると思います。

しかし、シワ対策は年齢的にしかたないと、あきらめている方もいるかもしれませんか?

最近は、目元のシワの悩みにアプローチするアイクリームが各コスメブランドから開発されています。

また、エステティックサロンの施術や美容皮膚科の治療で、シワを消す方法もあります。

あきらめてしまっては目元のシワは増える一方です。

費用と努力を惜しまないのがスキンケアの王道です。

まとめ

9月は夏から秋への季節の変わり目なので、アイケアにも重要な月だということがお分かりいただけたと思います。

若さゆえの過ちで、日焼けやメイクオフをサボるのも良くありませんが、予防の為の過剰なスキンケアも逆に目元トラブルに繋がりますので注意しましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事