2016.9.29

くまを隠すためにメガネを付ける

くまを隠すためにメガネを付ける

くまの対策には食事、美容、運動などいろいろ大変だな…と感じていると思います。

でも、急に大事な用事が入ってくまを目立たせたくないというときもありますよね。

そういうときはメガネでくまを隠してしまうのも一つの手です!

メガネは「くま隠し」におすすめ

fotolia_39113522_subscription_monthly_m

目の下のくまが目立つと印象を悪くしてしまいます。

見た目年齢も上がり、実年齢より老けて見えることでしょう。

対策の一つとしては、メガネをかけるという方法があります。

フレームの太いメガネを付けることによって、目の下のくまを隠せます。

最近流行りのフレームが太いメガネは、くまを隠すのに適しているといえます。

フレームが太いので、ちょうど目の下のくまを隠すことができ、
目立つことなく自然な見た目になります。

しかし、これはあくまで対処法で根本的な解決には至りません。
メガネを外してしまえば元通りです。

また、メガネを長時間かけていると、こめかみ周辺に負担が掛かりますし、
かけたり外したりするのもいちいち面倒です。

やはり自信を持って外を歩くためには根本的にくまを解決すべきでしょう。

目の下のくまは本人の努力次第で治りますが、長年の生活習慣が原因でなることが多いため、治るまで時間が掛かります。

毎日コツコツと適切にエイジングケアを行うことによって、少しずつ目の下のくまは薄くなっていきます。

目元を鍛えることでくまを改善できます

エイジングケアの方法で代表的なのが、目の周囲の筋肉を鍛えるというものです。

目の周りの筋肉を鍛えることで血流が良くなっていき、結果的に目の下のくまが改善していきます。

その前に図1を見て、矢印の方向にリンパを流して、顔の全体の筋肉をほぐしましょう。

それから、眼球を上下左右に大きく動かしたり、強くまばたきを繰り返すなどが効果的です。

Close-up portrait of young, beautiful and healthy woman with arrows on her face.

図1

慣れるまでは違和感を感じるかもしれませんが、
ある程度筋肉がついてくるとスムーズに行えるようになります。

筋肉トレーニングは一日や二日で効果が出るものではありません。

身体の筋肉と同じで目元の筋肉もすぐにはついてきません。

毎日繰り返し行うことで徐々に筋肉がついてくるものです。
また、これらの運動に加え、質の良い睡眠を十分とることも重要です。

いくら目元を鍛えていても、睡眠不足では治るものも治りません。

少なくても半年は続けてみましょう。

くまの改善は短期間で効果が出る場合もありますが基本的には時間が掛かります。

眼精疲労やドライアイにも同じことが言えますが、

一度不調が出てしまうと簡単に戻すことはできません。

目の下のくまも同様に、一度できてしまうと治すのに苦労するものなのです。

しかし、きちんと目元の運動をしていれば、きっと改善することができるでしょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事


この記事と同じカテゴリの記事