2016.9.29

くまと腎臓の関係

くまと腎臓の関係

クマをなんとかしたい!と考えたとき、どうしても外側に意識が向きがちです。

しかし、体の内側にもクマの原因があることも考えられます。

そのうちの一つ、腎臓とクマの関係についてみていきましょう。

目の下のくまの原因になる腎臓の働き

fotolia_78106245_subscription_monthly_m

腎臓には

1.血液の浄化・老廃物の除去

2.体内の水分量の調節

3.ホルモンの分泌と調整

4.体内の電解質の調整

5.血中のアルカリ性・酸性の調節

という主な5つの働きがあります。

このうち1、2、3の働きが目の下のくまの原因と関係しています。

むくみ

機能が低下して水分量をうまく調節できなくなると、体にむくみが現れます。
目の下は体の中でも特にむくみが起きやすく、目の下がむくむと影ができくまができる原因になるため、目の下がむくんでくまができている場合は要注意です。

どす黒い血

腎臓の機能の一つにホルモンの分泌がありますが、このホルモンに赤血球を作るものがあります。

腎臓が悪くなるとこの赤血球を作る機能が失われて、次第に酸素の運搬量が少なくなりどす黒い血になり、目の下のくまの原因となります。

汚れた血液

血液は全身を循環して栄養と酸素を供給する役割を持っています。

その入れ替えに二酸化炭素と老廃物を回収し、その老廃物を体外に排出するためにろ過するのが腎臓の役割です。

このろ過機能が低下すると、体内を老廃物が再び循環する事になります。

そして、不要な老廃物を多く含む血液が目の下の薄い皮膚の部分にくまとして現れている可能性があるのです。

どんな事に気をつければ良いのか

腎臓は肝臓と同じく「沈黙の臓器」と呼ばれるほど痛みや自覚症状の出にくい臓器です。

予備能力が高いため、病気になってもその多くは初期症状が出る事もありません。

そのため、病気だと気づいた時には多くの場合末期症状である事が少なくないのです。

そんな臓器ですから、日ごろから生活習慣を見直して健康に保つ事が大切です。

Young couple on beach training and exercising together

適度な運動
適度に運動する事は免疫力・基礎代謝の向上など体に良い影響を与えます。
有酸素運動は血液の循環も促す事ができるので目の下のくまにも効果を発揮します。
ウォーキングやジョギングなどを1回30分、週3日以上行うと効果的です。

fotolia_120985664_subscription_monthly_m

食事
「塩分」「砂糖」「タンパク質」に気を配った食生活を送りましょう。
これらを控える事で負担を減らし、悪化を防ぐ事ができます。
特に気を付けたいのは調味料です。
醤油や塩などはできるだけ控えて薄味で食を楽しむようにしましょう。

fotolia_33948011_subscription_monthly_m

飲酒・喫煙
飲酒と喫煙は腎臓に大きな負担になります。
喫煙は血流の悪化、血管やヘモグロビン、心臓、呼吸器など目の下のくまへの悪影響が計り知れません。
飲酒も過度に摂取すれば目の下のくまを悪化させる原因になります。

fotolia_118875435_subscription_monthly_m

ストレス
ストレスは血圧、ホルモンの分泌に変動を与えます。ホルモンバランスを崩し、目の下のくまに影響を与える事があるため、ストレスを解消する事も大切です。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事