2017.7.4

切らなくてもできる、目の下のたるみをケアする方法

切らなくてもできる、目の下のたるみをケアする方法

年齢とともに気になってくる目の下のたるみ。

人間の第一印象はお顔ですから気になるのは当然なのです。

そもそも目の下のたるみの原因は何なのか、改善策はあるのか悩む前にチェックしてみましょう!

なぜ目の下がたるんでしまうのか

たるみの原因とは

 

たるみの主な原因と言われるのはやはり老化です。

皮膚にはコラーゲンやヒアルロン酸など水分を蓄える成分がたくさん含まれており、これらが減少してしまうと皮膚がたるんでしまいます。

また老化以外にもまばたきやメイク、睡眠不足などの生活習慣でも目の下がたるんでしまうのです。

また目の周りの筋肉が衰えてもたるんでしまいますので、スマホの見すぎやパソコンを長時間使用する人は要注意なのです!

つまり老化だけが原因ではないことが分かりますよね。

目の下のたるみはもう治らないの?

悩む女性

 

目の下のクマやたるみは、どうしても相手に与える印象が暗い顔に見えますし、老けて見られてしまう原因にもなってしまうのです。

ですが原因が分かれば対策はあります!

対策法①目の周りの筋肉を鍛える

 

出典:youtube

目の周りの筋肉が衰えてしまうとたるみの原因になってしまうので、まずは目の周りの筋肉を鍛えましょう。

とは言っても運動などのような大変なことではなく、お肌のお手入れついでや、テレビを見ながらできる方法があります。

 

対策法②保湿をする

 

出典:youtube

 

皮膚には、水分を蓄えるためにコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が含まれているのですが、これらが不足してしまったり、乾燥したお肌はこの保湿成分が逃げてしまい、たるみやシワの直接的な原因になってしまいます。

そこで化粧水や乳液、クリームなどで外側から補う方法もあります。

マッサージをしながら血流を改善しむくみを取りながら行うのがポイントです。

 

対策法③プロによる施術を依頼する

Trattamento chirurgico alla palpebra per ringiovanire

 

施術と言えば皮膚を切る方法だと思っていませんか?

実は切らなくても目の下のたるみをケアする方法があります。

これは切らずに目の下の脂肪を除去する方法で、上記の方法で改善できない人におすすめです。

短時間で施術が終わりますし、なにより「若返った」と実感できる人も多いようです。

この施術は年齢に関係なく若い主婦やOLさんにも人気の方法で傷跡も残らない方法です。

 

まとめ

目の下のたるみを対処する方法をご紹介しました。

お顔なのでとても悩む部分ではありますが、原因が分かると意外にもかんたんにしっかりケアできちゃうのでぜひ試してみてくださいね。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事