2017.6.1

徹夜明けに、疲れがバレない目元メイク術

徹夜明けに、疲れがバレない目元メイク術

徹夜明けや寝不足などの場合、目元は疲れが大きく影響します。

そんな次の日のメイクは、目元に力を入れるようにしましょう。

今回は疲れていることがバレにくい、

おすすめの目元メイクを紹介したいと思います。

(1) コンシーラーを使う

コンシーラー

徹夜明けの目元メイクにはコンシーラーは欠かせません。

疲れていることがバレてしまう、

クマやくすみは念入りに隠しましょう。

いつも通りに下地・ファンデーションを塗っていきます。

そして気になる目元にさらにコンシーラーを塗っていきます。

この時指でやさしくたたいてあげると、なじみやすくなります。

最後にパウダーを優しく抑えて、肌全体が均一になるように仕上げていきましょう。

コンシーラーは、自分の肌より少し明るめのものがおすすめです。

(2) ハイライトを使う

ハイライト

コンシーラーを使えばほとんどのクマやくすみを隠せますが、

さらに目立ちにくくしたいという方は、ハイライトをとりいれましょう。

 

ハイライトは目元の印象が強くなり、今人気のメイク方法の一つです。

ラメ入りのホワイトのアイシャドウを目頭にポンポンとつけていきます。

軽くでも強めでもOKなので、その日の調子にあわせて重ね塗りをしていきましょう。

ハイライトをいれると目頭の方に目線が行くので、お洒落なだけでなくよりクマやくすみをより隠すことができます。

メイクの前にもできること

マッサージ

メイク前に少しでも時間があった場合、洗顔後、肌の水分補給が完了したら、

目元を軽くマッサージしてあげましょう。

 

蒸しタオルなどで目元を温めてあげるとより良いです。

そうすることで目元の血行が良くなり、少しでもクマが目立たなくなります。

 

急いでいるときやいきなりクマやくすみが出てきてしまったときは、

メイクでいち早く隠すのが一番ですが、時間があれば是非試してみてください。

 

これで次の日も安心

今回は、疲れていることがバレにくい目元メイクを紹介しました。

コンシーラーやハイライトでクマやくすみを隠した後は、

お好きなメイクをいつもどおりいできます。

メイク崩れも気になるかと思うので、徹夜明けの次の日などは、

コンシーラーなどを持ち歩くようにしましょう。

 

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事