2017.8.31

あこがれのたれ目にマッサージでなることはできる?

あこがれのたれ目にマッサージでなることはできる?

目尻が上がったつり目はきりっとしていてかっこいいと思いますが、

性格がキツそうにみられてしまうなどの悩みがありますよね。

優しくて可愛らしいイメージのあるたれ目になりたいなあと思っている方も多いかもしれません。

目の形は生まれつきなのでなかなか難しいところもあるのですが、

マッサージでたれ目になることはできるのか?について見ていきたいと思います。

毎日のマッサージでたれ目を目指そう!

後頭部マッサージ

 

まずは顔全体の緊張を緩めるマッサージとして

後頭部の筋肉のコリを取るマッサージを紹介します。

 

①後頭部に両手をあて、指を優しくなでるように動かします。

時間は30秒から1分くらいを目安にします。

 

②頭の前の筋肉をほぐす顔面のマッサージは、

前髪を上げた生え際の両端に親指以外の4本の指をあてて

優しく上下するように動かします。

こちらも30秒から1分ほど行います。

 

おでこの緊張をほぐして目がつりあがってしまうのを防いで

たれ目を目指すマッサージです。

 

この二つのマッサージを毎日1回でもいいのですが

3回ほど続けることで頭や顔面の緊張がほぐれて

顔のむくみをとり、つり目を防いでたれ目を

目指していけるかもしれません。

どうしてもたれ目にしたいなら専門家にお願いすることも

美容外科で相談

 

どうしてもあこがれのたれ目にしたいという場合は

美容外科にお願いするという方法もあります。

 

脂肪を取り除く脱脂法、取り除いた脂肪を注入する脱脂リポ法、

他の部位の脂肪も入れられる脱脂ダブルリポ法、

更に他の部位の脂肪の不必要なものを取り除いたものを

注入する脱脂コンデンスリポ法と色々あります。

つり目を治して程よい具合の理想のたれ目に目指すことができます。

 

やはりプロは違いますので一度調べてみてもいいかもしれません。

おわりに

今回たれ目にするためのマッサージについて見てきました。

顔のパーツには頭や顔の筋肉も関わっていることを知り、

すっきりとむくみのない顔でいるためにもマッサージを試してみましょう。

目元の緊張もない優しい理想の目に近づいていきたいものですね。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事