2017.6.3

アイクリームの正しい使いかたをマスターしよう

アイクリームの正しい使いかたをマスターしよう

年齢を重ねてきた皺やくすみやたるみが出やすい目の周り。

年と共に気になる場所ですよね。

そんなダメージを防いでまたケアもしてくれるアイクリームですが

正しく使わないと折角使っていても効果が感じられないということになるので

きちんとした正しい使いかたを見ていきましょう。

アイクリームはいつ塗るの?

スキンケア

 

基本的には、基礎化粧品はしっかり行った上に更にアイクリームも目元対策として使うことになると思います。

その際に意外と迷ってしまうのが揃えた基礎化粧品の塗る順番です。

 

基本的には

化粧水→美容液→乳液→のあとでアイクリームを塗り

そのあとでお顔全体のクリームを塗ることになります。

 

化粧品は油分の少ない水分の多いもので保湿してから徐々に油分の多いものを重ねて行った方がよく浸透すると言われているのでこの順番なのです。

折角ですので効果のあるように使いたいのでこの法則を覚えましょう。

またアイクリームを塗る前に丁度いい量を手の甲に出すことで適量が塗れ、温まるので塗りやすくなるのでおススメです。

アイクリームの正しい塗り方

Young women are painted an eye cream

まずアイクリームを上まぶたと下まぶたに点々と数カ所に置きます。

置いたアイクリームを薬指の柔らかいところで優しく伸ばします。

 

何故薬指かというと薬指には余分な力が入らないので確実に優しく行えるからです。

不思議なことに人差し指と薬指では力の入り方が違いますね。

 

最後に親指以外の四本の指の柔らかいところで塗ったクリームをなじませます。

また気になっているところは重ね付けをするといいでしょう。

 

このように優しく丁寧にお肌に合うアイクリームを塗ることで美しい目元を保ちまた気になる点をケアできそうですが、効果が表れるのには時間がかかります。

 

早く美しくなりたいという時には美容外科にお願いするという方法もあります。

脂肪を取り除く脱脂法だけではなく取り除いた脂肪を注入する脱脂リポ法や脱脂ダブルリポ法、更に他の部位の脂肪の不必要なものを取り除いたものを注入する脱脂コンデンスリポ法もあり、目の周りのクマや皺、腫れぼったさのケアなどあらゆる悩みを対策できるほど技術が進んでいますので検討してみてはいかがでしょうか?

おわりに

目が美しいと印象が全く変わりますし、

自分で鏡を見るのも楽しくなりますよね。

正しくアイクリームを使う、効果が感じられない時は

美容外科も考えるなどして美しい目元を手に入れましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事