• HOME>
  • 食と健康 >
  • 見た目年齢マイナス10歳!?年齢が一番出やすい目元ケア方法

2017.3.19

見た目年齢マイナス10歳!?年齢が一番出やすい目元ケア方法

見た目年齢マイナス10歳!?年齢が一番出やすい目元ケア方法

目元のしわがあるかないかで顔全体の印象は大きく変わります。

なんとしわの目立つ目立たないで10歳くらい若く(老けて)見えるというデータもあるのだとか。

それほど重要なことですから、できるだけしわのケアはしっかりやっておきたいですね。

というわけで今回はしわ対策に有効な方法をご紹介します!

目の周りを強くこすらない

Young, beautiful and natural woman wrapped in towel over cyan background.

 

目の周りの皮膚の薄さを知っていますか?

 

顔の皮膚も身体の皮膚に比べるとすごく薄いのですが、目の周りはそれよりもさらに薄いんです!

身体の皮膚は約0.10.3mm程度しかないのですが、目の周りの皮膚の厚さはなんと約0.02mm

どれだけ薄いかがわかってもらえると思います。

 

これだけ皮膚が薄いがゆえに、強くこすったりするとダメージを大きく受けます。

そのダメージのせいで目元にしわができてしまうのです。

ですから、目がかゆいとき、寝起き、化粧を落とすときなどに日常的に目をこすっている人は注意しましょう。

目の周りの筋肉を鍛える

寄り目運動

 

目の周りの筋肉(眼輪筋といいますが)が疲れて弱ってくると、目の表面にたるみやしわといった形で悪影響が出てきます。

現代ではスマホやパソコンを長時間見ることが多くなり、余計に目が疲れやすくなっています。

ですから、日ごろから眼輪筋を鍛えておくことはしわ対策としてとても重要なことなのです。

 

眼輪筋を鍛えるには

・寄り目を数秒間キープする

・数秒間思い切り左右を見る

・眼球を8の字に動かす

・5秒思い切り目を見開いて5秒思い切り目を閉じる

などの運動が有効です。

保湿を欠かさない

スキンケア 保湿

肌は紫外線を受けたり、乾燥状態が長く続いたりするとダメージを受けます。

ダメージを受け続けると深くしわができてしまい、なかなか治すのが難しくなります。

 

ですから、日ごろから保湿をこまめにしたり、紫外線を避けたりするように意識することが大切です。

保湿のためにアイクリームを常備しておきましょう。

その中でも、保湿力が高いものをなるべく選ぶと有効です。

まとめ

いかがでしたか?

しわ対策は急にやってすぐ改善するものではありません。

日々コツコツと改善を目指して面倒がらずに対策を続けましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事