2017.6.22

目尻の笑い皺をケアするにはどうしたらいいか?

目尻の笑い皺をケアするにはどうしたらいいか?

笑うと目尻に出来てしまう笑い皺。

楽しそうで可愛らしくもありますが年齢とともに深くなってしまい、笑ってない時にもできるようになってきたなどと気になるものでもあります。

そんな笑い皺をケアするにはどうしたらいいのでしょうか?

笑い皺をケアする色々な方法

笑いじわ解消

 

目のまわりの皮膚は薄いので刺激に弱いです。

皺が気になるからと言って洗顔やスキンケアの時に皺が伸びるように刺激してしまっては逆効果です。

出来るだけ優しく触れるようにしましょう。

またほかのお肌と同じ様に紫外線を防止して保湿をすることでお肌の状態を良くすることで目尻の皺をケアしていくことも期待できます。

日焼け止めや紫外線防止のサングラスで紫外線を防いで、保湿効果のある化粧品やパックで充分に保湿もするようにしましょう。

またアイマスクで目の周りを温めること、目尻の皺に効果のあるツボ(こめかみ、眉尻、眉毛の内側など)を刺激することで目の周りの血行を良くなる効果もあります。

リラックス効果もあり目が楽になり、気持ちよさそうですよね。

早い効果を求めるなら美容外科でも対策が出来ます

image004

 

笑い皺をケアできそうな方法はこのようにいくつも考えられるのですが、やはり根気と時間が必要なものばかりです。

今は美容外科の技術は進化していますので、脂肪を取り除く脱脂法に加えて取り除いた脂肪を注入する脱脂リポ法、他の部位の脂肪の注入をする脱脂ダブルリポ法、更に他の部位の脂肪の不必要なものを取り除いたものを濃縮して定着しやすくするという脱脂コンデンスリポ法のあり、目尻の皺を対策する技術も確立されています。

もととの自分の脂肪を効果的にしたものであれば安心感もありますし、なによりすぐに皺対策ができることは嬉しいですね。

おわりに

目尻の笑い皺をケアする方法について見てきましたが、お肌を対策するのには色々な要素が絡んでいるので、色々な対策も取れるのですがその分根気と時間もかかります。

日々気をつけて少しずつ改善を目指し、悪化を防いでいきたいものですね。

とても気になる場合や早く対策したい場合は美容外科という選択肢もありますので併せて考えてみてはいかがでしょうか?

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事