2017.8.22

簡単ケアで疲労目を対策

簡単ケアで疲労目を対策

最近は仕事でもプライベートでも、パソコンやスマートフォンを使うことが多くなり、余計に目の疲労を感じるという方は多いかと思います。

今回はそんな方のために、疲労目を対策できる簡単ケアを紹介していきたいと思います。

 

(1)ストレッチ

c035a2710d321a816e2b8ba396cb622f_s

瞬きを丁寧にするという感覚で、瞼をぎゅっと閉じてパッと開けます。

これをゆっくりと5回ほどしましょう。

こうすることによって、目の周りの筋肉がほぐれて疲れが軽減されます。

普段以上につかれているときは、この動作にプラス右回り・左回りの二回、ゆっくりと目を回しましょう。

(2)ホットマスク

a94b9abe9379a542d88926ff834fbf4a_s

目の疲れを感じたときは、目の周りを温めて血行をよくしてあげると良いです。

タオルを濡らし電子レンジで温めるのも良いですし、最近では蒸気のホットアイマスクなどが薬局で手に入れられます。

目が楽になるのと同時に、リラックス効果もあるので、とてもおすすめです。

(3)マッサージ

41e905380bb8925bd71c7a25911545a1_s

目の周りの骨を指でやさしく抑えていきましょう。

骨は目の周りにぐるっと一回りあるので、自時計回りに押していき、気持ちよいと思ったところは重点的にやりましょう。

この時、眼球を押してしまわないように注意してください。

(4)ツボ押し

ef58261d428bdd688d28d40d80e7a635_s

目の周りのツボを、気持ちいと感じる程度に押していきます。おすすめなのは目のツボと言われているこめかみ部分です。

こめかみの一番へこんでいる部分を優しく押しましょう。

一分程度ゆっくり押していくと、とても気持ち良いです。

目の疲れ、さようなら

ddefa7b7910e0d9f2d099b00fb4357f8_s

今回は目の疲れに効く簡単なケア方法を紹介させていただきました。

目の疲れを感じたときは、以上のケアを参考に実践してみてください。

毎日の習慣にできれば、疲れがたまってしまう心配がありません。

また、一時間に10分目を休める・瞬きを多くする・遠くを見る・姿勢を正すなど、日ごろから気を付けておくだけでも、目の疲れを軽減することができるそうです。

目の疲れは肩こりや頭痛などにもつながるので、意識しておきたいですね。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事