2017.5.23

侮るなかれ!目の疲れと美容の関連性とは

侮るなかれ!目の疲れと美容の関連性とは

近頃は、仕事でもプライベートでも、スマホ・パソコン・テレビなど、

目の疲労につながるものが身近にあります。

あまり知られていないのですが、目の疲れと美容は大きく関係しているのです。

今回はそんな関連性について、詳しく紹介したいと思います。

目が疲れてしまう原因

 

fotolia_141588326_subscription_monthly_m

 

目の疲れというのは、目の周りの筋肉が疲労していることを指します。

最近ではスマホやパソコンなどが主流になり、長時間ブルーライトを浴びることで、

目の水晶体を調節するのに必要な毛様体筋に担がかかっている方が

多くみられます。

それもまた目の疲労につながるのです。

 そんな目の疲れは、美容にも関係しているのです。

目の疲れは美容に関係する

fotolia_98149815_subscription_monthly_m

 

目に疲労がたまると筋肉が凝り、血流が悪くなってしまいます。

血行が悪くなることで、ドライアイや肩こりや充血などが起こります。

これは比較的知られている症状だといえます。

 

そして女性が気を付けたい美容に関する症状が、目のクマや肌のくすみです。

また血行不良により、酸素がきちんと行き届かない場合ハリがなくなり、

たるみやしわの原因にもなってしまいます。

そのまま放置しておくとその状態が定着してしまうので、

すぐにでも目を休ませてあげるのが良いでしょう。

 

このように、目の疲れは健康面だけでなく、

美容にも大きくかかわっているのです。

目の疲れをとる方法

Happy woman with sleep mask covering up in soft blanket while lying in bed. Concept of rest

 

 

目の疲れが美容に大きく関係するということがわかったところで、

そうならないためにも目の疲れをとる方法を知っておきましょう。

 

  1. 蒸しタオルで凝りをほぐす

蒸しタオルを目元にあてることで、血行を促進し目の疲れをとってくれます。

市販のものでも蒸気を使ったホットアイマスクがありますが、

自宅でも濡れたタオルを一分ほど電子レンジで温めることで、

簡単にホットマスクがつくれます。

 

  1. 目の体操

これはとても簡単にできます。目をぎゅっと閉じて開けるだけ。

瞬きを丁寧に思い切りするような感覚です。

それだけで目の周りの筋肉が少しでもほぐれるので、

空いた時間にやってみましょう。

美容のためにも目の疲れに気を付けよう

fotolia_146298940_subscription_monthly_m

 

今回は目の疲れと美容の関連性について、紹介させていただきました。

目の疲れは女性が避けたいクマやくすみ、そしてたるみやしわに大きく関わります。

こちらを参考に、美容のためにも、少しでも目の疲れを取ってあげましょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事