2017.5.23

金爆・鬼龍院翔が手術した逆さまつげって何?

金爆・鬼龍院翔が手術した逆さまつげって何?

大人気のエアバンド、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが手術をした逆さまつげ。

逆さまつげで悩んでいる方は意外と多いですが、

逆さまつげを知らないという方も少なくありません。

今回は逆さまつげについて、説明していきたいと思います。

逆さまつげとは?

fotolia_111671796_subscription_monthly_m

 

まつ毛は、本来ゴミや汚れから目を守るためにあるものです。

上まつ毛は上を向き、下まつげは下を向いています。

 

逆さまつげの場合、そのまつ毛が逆を向いてしまっている状態のことをいいます。

逆さまつげだとまつ毛が目に入ってしまうこともあるので、角膜など眼球を傷つけるなどの眼病になってしまうこともあります。

抜けたまつげが目に入ってしまった経験はほとんどの方があると思いますが、

とても痛いものです。

逆さまつげだとその状態がたくさん起こるので、意外と大変なのです。

金爆・鬼龍院翔が手術に踏み切った理由

h4oz8gqv

出典blog-imgs-53.fc2.com

 

金爆・鬼龍院翔さんは昔から逆さまつげには悩んでいましたが、

手術の怖さからなかなか踏み切れずにいたようです。

メイクをすることが多い鬼龍院さんは、メイクをすると粉が目に入ってきたり、

滲みやすいなどトラブルも多く、いい加減逃げていても仕方ないと思い、

ついに手術をすることに。

また同じ芸能人である乃木坂46の若月佑美さんも、

このままだと失明する可能性があると医師に言われたことをきっかけに、

過去に逆さまつげの手術を受けたそうです。

赤ちゃんと老人には特に多い

fotolia_147028529_subscription_monthly_m

 

逆さまつげが多くみられるのは赤ちゃん、そして老人です。

 

赤ちゃんの場合は、顔に脂肪がたくさんある時期なので、

逆さまつげになりやすいのだとか。

ですがほとんどの赤ちゃんが成長過程で自然に治るので、

赤ちゃんのうちは心配はいりません。

 

老人の場合はまつ毛がバラバラに生えてしまい、

そのうちの何本かが目に入ってしまうことが多いようです。

逆さまつげの方は今すぐ治療を

fotolia_127833354_subscription_monthly_m

 

今回は逆さまつげについて紹介させていただきました。

逆さまつげは放っておくと、眼病などになることもありとても危険です。

ゴールデンボンバーの鬼龍院さんのように、

手術をはじめ何かしらの治療をするのがおすすめです。

逆さまつげかも?と思った方はまずは眼科で診断してもらうとよいでしょう。

目元ケアには色々な方法がありますが、美容外科にて解消するという方法もあります。

関連記事